我が家のゆる~い2021年の春節(前編)|台湾に嫁ぐと春節はブルーらしいが…

台湾の文化

こんにちは、台湾のゆっこです。

前回は春節イブまでの話をしました。

今日は春節の2月12日から連休が終わる2月15日までの5日間、我が家がどのように過ごしたかをご紹介します。

今年2021年の春節は、親戚一同との集まりもなくゆる~く過ぎていきました。

スポンサーリンク

2月12日(春節)親戚が来るタイミングとずれる

特に予定もないので家でゆっくり過ごす。

雨の合間にマルコスとお散歩。

近所の川沿いにいるバッファローを観察しながらのんびりぷらぷら。



ゆっくり動きながらたまに鳴くのでかわいい。
(残念ながら鳴き声は撮れませんでした)



**
台湾では犬が自由に散歩しています。
この日も何匹か見かけました。
**

我が道を行く犬が多い中、この白黒ワンコは我々を非常に警戒し、なかなか追い抜かそうとしない。



ならばと、後ろにワンコがいるのに気づいてないふりをして、真っすぐ前を向いて歩くことに。

人間が気をつかう。



2時間ぐらいで家に帰ると、歯のある大阿姨だーあーいー一家がちょうど帰るところで、新年の挨拶をする。(注:大阿姨は本ブログにたまに登場するマルコス母の姉である)

意外と人気の大阿姨エピソード
よろしければお読みください。
大阿姨1大阿姨2大阿姨3大阿姨4


【台湾生活のコツ】
何時に来るのか、誰が来るのか、情報があまりないことも多いので、マイペースに行動すればよい。

(実は今回も春節イブの夜に来る予定だったのが、春節に変更になった)



ということで、私とマルコスは天気をみて散歩に出たので、タイミングがずれたということ。
この日は、大阿姨の子供たち(マルコスのいとこ)やその配偶者、子供、総勢7名が来ていた。子供たちは顔が可愛らしくて、態度はシャイで胸キュンキャラ。

新年の挨拶だけでもできて、成長を確認できたので、私的にはよし!



話は変わり、中田あっちゃんのYouTube大学で、1日16時間の空腹時間を作ることが健康にとても良いという説を知り、その仕組みに納得。

【空腹こそ最強のクスリ①】一日3食は間違いだった?無理なく痩せる食事法(Fasting Is the Best Medicine)


さっそく、春節イブから1日2食に切り替えつつ、自分でも本を読み始める。
そのため、夕食以外の食事時間は家族バラバラとなる。

新年のスタート、丁度いいタイミングで生活リズムを変更できた。

スポンサーリンク

2月13日(初二)効率的なお宮参りとclubhouse

なんとなく他の家族も朝食をスキップして、昼頃に一緒に一食済ませる。

春節二日目は、毎年恒例のお宮お参り(道教の習慣)。


**
住んでいる土地の神様へのお参りで、自宅から徒歩数分の場所にあります。
(関連記事:2日目、近所の土地の神様にご挨拶参り
**



この日も大阿姨がやってきて、マルコス母と大阿姨は近所に住む義理叔父(マルコス母の弟)の家に出かけるというので、今年はお宮参りの効率化バージョンを実施。

先行グループ:マルコス母と大阿姨
出かけるついでに、お宮にフルーツ等をお供えする

後続グループ:マルコス、マルコス姉、私
先行G出発後、しばらくしたら、お参りがてらお供え物を回収



**
何が効率的かと言うと、通常なら長い線香が半分燃え尽きるまで待ってからお供え物を回収するのですが、時間差参りにより、待ち時間の必要がなくて効率のよい方法なのです。
**



そして、またマルコスと散歩。
老夫婦か。

散歩のお供は、春節用のスナックたちの中から、糖分が少なそうなこちらをチョイス。



**
なお、肌が弱い人が台湾に住む場合は、蚊やブヨなどに刺されないように、足首や指先など、盲点となる箇所が露出しないよう細心の注意を払う必要があります。
**



夜は、春節イブにマルコス母が寸胴で煮た丸鶏のスープを使った火鍋。
いい出汁がでていて美味。

そしてついに、clubhouseデビュー!
しかし、私はandroidユーザーのため、マルコスのiPhoneで友人に招待してもらった。

これは面白い!
android版のリリースを切に願う。



**
海外の人を招待する場合、電話番号登録時に+国番号を加えないとうまくいきません。私の場合、+886(台湾の国番号)をつけて登録してもらって、2回目でうまくジョインできました。
**

2月14日(初三)基隆のカフェへ

たっぷりと睡眠を取った後、マルコスと遅めの一食目(前夜の鍋の残り)。

午後は基隆へと向かう。

基隆駅前に新しいバス停ができていました。



2月1日から、3、4、6で始まる路線を、基隆駅前に移動させるとのお知らせがあったので、予定通りに変更された模様。



目的地は、私が気に入って最近は週一くらいで訪れるカフェ。
マルコスは初。

しかし、道中スクラッチの罠にハマるマルコス。




途中プラマイゼロだったのに、結局200元負け。
熱くなったら負けやで!と諭す私。

しかし、最終的には、ま、正月だからね。
ということで収まる。

去年は親戚の集まりで、1000元ずつ(2人で2000元)出し合って、結果60%くらいしか戻ってこなかったことを思うと、かわいいものです。



昼間から開いている基隆廟口(夜市)も凄い人、



カフェは廟口の向こうにあるので、通り抜けカフェへ到着。

しばし過ごす。



日も落ちてきて肌寒くなってきたので、帰路に。

7時頃家に帰ると、ちょうどマルコス母マルコス姉が2日目の鍋を作り食べ始めたところ。

ナイスタイミング!と我々も参戦し、ホラー系の映画を見ながら夕食タイム。

何だか風邪っぽい症状で、くしゃみが止まらないので、市販の漢方を飲んで早めに眠りにつく。

(後編へつづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました