我が家のゆる~い2021年の春節(後編)|台湾に嫁ぐと春節はブルーらしいが…

台湾の文化
スポンサーリンク

2月15日(初四)台北ぷらりとおじさんバスケット

春節前に一緒にお参りに行ったマルコス友人、マルコス姉と我々夫婦の4人が再び集結。

台北へGO!
お天気よき、気分よき。



まずは、マルコス姉がおすすめのイタ飯屋「チンチン」でランチ♪
台湾イタリアンではなく、ちゃんとイタリアンで美味しかったので、また別途紹介します。



日本語ペラペラのマルコス姉と、店名を丁寧に言わない方がいいよね~と下ネタで盛り上がる。



ランチの後は歩いて市政府駅の新光三越へ。
結婚指輪を買った店でクリーニングをしてもらう。

クリーニングを待っている間に、伝統芸能の練習風景に出くわす。
高所恐怖症ぎみなので、あの台の上にさえ乗れない私からすると、驚異のパフォーマンスです。



本番はこちら。
アクロバティックな獅子舞のような感じで、たまに中の人間がチラ見します。



アップルストアでiPhone12シリーズのカメラの性能に、物欲が久しぶりに湧いたり、本屋で好きなアーティストが載っている日本の雑誌があるか探したりしながら時間をつぶす。

指輪をピックアップしたら、迪化街に移動。
春節で大賑わい。



縁結びの神様で有名な「霞海城隍廟」へ。
大人気なので、密密密な人だかり。
(私はこの廟にお参りした翌日に、マルコスと付き合うことになりました)

台湾の年越し気分を味わう!迪化街巡り+霞海城隍廟お参りオンラインツアー



歩き疲れたのでティータイムと思いきや、ドリンク店がとても混んでいたので目の前にあったセブンに入る。

そこが意外にもお洒落な空間で居心地がよく、しばし歓談。



台湾語のスラングを教わる。
英語で言うと「F*ck you!」みたいな言葉を2つほど。
いつか役立つ日が来るのだろうか…

セブンdeティータイムの後は、迪化街近くの淡水河沿いの公園に移動。
沢山の人たちが散歩したり、サイクリングしたり、芝生やブロック塀に座って過ごしている。



マルコスとマルコス友人は、カナダ留学時代に出会い、その時にはまったのがバスケットボール。

若かりし頃を思い出し、バスケをしたいと言うマルコス。近くの若者に声をかけて、バスケットボールの試合を始める。



**
台湾ではバスケをしている見知らぬ人たちに声をかけて、仲間に入れてもらい、一緒にプレイをするのは一般的です。人のボールを使って、気が向いたらジョインできるという自由さが台湾。
**



若者たちは、高校生になるかならないかくらいの歳ごろに見え、そんな20歳も年の離れた若者に挑んだオジサン2人。
体が覚えているため意外と動けるオジサンズではあるが、若者の体力にはかなわず、後半になるにつれ点数が取れなくなり負ける。
でも、楽しかったらしいので、私も嬉しい。



マルコス友人は夜の予定に遅刻気味だと、慌ててその場を去っていく。

淡水河越しの夕日がとてもキレイだった。



3人で家路につく。

途中台北地下街で寄り道。

私は最近お気に入りのデザイナーさんのステッカーをゲット。
3枚50元。
こちらが厳選に厳選した3枚。



マルコス姉はスマホの保護フィルムをゲット。
この店がとてもよかった。

女性の店員さんが、これ以上ないぐらい丁寧に、チリひとつ残さない勢いでスマホ画面を掃除し、保護フィルムも丁寧に貼ってくれていた。



台北地下街のY16u出口付近にあります。

夕飯は、自宅近くの屋台でカレー麺と滷味(煮込み)を買って自宅で食べる。

スポンサーリンク

2月16日(初五)ぽかぽか陽気でまた散歩

連休最終日。

前日にバスケットボールで動きまくったマルコス、無理な体勢でシュートをして、体を痛めたそうな。

ならば、明日からの仕事に供えて体を休めた方がいいと、基隆に出かける予定を変更し自宅でゆっくりすることにする。

午後は青空が広がってきたのでマルコスと恒例の川沿い散歩。
相変わらずの老夫婦のような過ごし方。



春を通り越して、むしろ夏の気配を感じる植物たち。



この日も川沿いにバッファローを見かけたので、ヨシオとヨシコと名付ける。

この日の散歩のお供は、春節用のスナックたちから花生(ピーナッツ)系のをチョイス。



これ、おいしい!



というわけで、何だかのんびりと春節連休が過ぎていきました。

(おまけ)日本人妻たちの苦労

最近始めたTwitterや台湾在住女性ブロガーさんの記事を見ていると、台湾夫を持つ日本妻たちは春節はとてもブルーらしいです。

夫の家族が遠方に住んでいる場合は、春節連休中は慣れない家で過ごさねばならなかったり、親戚の集まりに振り回されたり、姑にこき使われたり、子育てに口出しをされたりと、ストレスフルな日々を過ごしている人が沢山います。

そんな様子を目にすると、同居しているマルコス家族も、その他の親戚も、わりとゆるい感じなんだな~と改めて思いました。

今年で春節は3回目でしたが、親戚一同の集まりがあったのは、去年のみ。

基本的に集団行動が苦手な私にとって、ありがたい環境です。

そんな当たり前の日常への感謝を忘れずに、少しは前進しつつ、また1年健康に楽しく過ごしたいな~と思っています。

本ブログ「ぺいたいぺいうぉ~く」も、まだまだ内容が足りないので、少しずつ役立つ情報を増やしていきますね。

今後ともよろしくお願いします。

コメント

  1. メイフェ より:

    ゆっこさんの旧正月、一緒についていかせていただきました~♪
    ノンビリ過ごされたようで良かったです♪
    それに迪化街とか閑散としているのかと思いきや、にぎやかですね~。

    私の友人も台湾の方に嫁いでいますが、旧正月は大嫌いだと言っています。
    まあでも日本でも「嫁」は大変な所もあるみたいですし
    国を問わず、それぞれの家庭によって・・・なのかな~。

    私も割とゆるゆるの家庭で楽をしてきましたので
    ラッキーだったかな♡

    • 台湾のゆっこ より:

      メイフェさん

      私の旧正月にお付き合いいただき、ありがとうございましたw
      迪化街は、激混みでした!
      待つのが嫌いなので、美味しそうなドリンク店の飲み物はおあずけです。

      日本でも台湾でも、嫁って大変なところは本当に大変そうですよね。
      他の日本人嫁の記事を読んでると、
      台湾はまだまだ家族文化(一族文化?)が根強い家が多くて
      少し顔出して終わりというわけにいかないようで、
      大変そうだな~と思いました。
      我が家のような例もあるわけで、家によりますけどね。

      メイフェさんもゆるゆるなお家でしたか。
      お互いそのあたりはラッキーですね(笑)

タイトルとURLをコピーしました