瑞芳立ち寄りグルメ「美食廣場」|九份、十分に行く前にランチはいかが?

基隆のグルメ

こんにちは、台湾のゆっこです。

九份、十分に行くときに経由する台鐵(TRA)瑞芳ルイファン駅は、ただ素通りするには勿体ない、実は美味しい台湾フードが食べられる街でもあります。

瑞芳駅から200mくらいの所にある「美食廣場」を中心に、カキオムレツ、こしょう餅、スウィーツといった、瑞芳おすすめグルメを紹介します。

スポンサーリンク

美食廣場へのアクセス

台北から瑞芳までのアクセス→【台北→瑞芳
時刻表の調べ方→【台湾の移動|台鐵、高鐵、MRT、YouBikeを調べるならこのアプリ【雙鐵時刻表】

台北方面から着くホームは、反対側なので、まずは地下道を通って西の出口に向かいます。



駅前が広くなっているこちら側がメインになります。



美食廣場へは、正面の道をまっすぐ進むのみ。



屋台通りの突き当たりに見えている赤い看板が「美食廣場」です。



到着!

美食廣場の前は、車やバイクがスピード出して走ってくることがあるのでお気を付けください。


スポンサーリンク

美食廣場グルメ

李記蚵仔煎(カキオムレツ)

入り口入って正面にある、カキ専門店「李記蚵仔煎」



いくつがメニューがありますが、断トツおすすめはカキオムレツです。
美食廣場の断トツおすすめとも言えます。
(寧夏夜市のカキオムレツが有名ですが、私はこちらの方が好み)



蚵仔煎ウーアージェン/カキオムレツ 60元(約215円)
小ぶりのカキのうま味、卵、青菜、甘じょっぱいタレの組み合わせが絶妙です。
ちょっと珍しいパリッとした生地もとてもよい!




そして、大きな鍋でグツグツと煮えている麺線(短いソーメンみたいな麺)。
つい頼んでしまう一品です。



蚵仔麺線ウーアーミェンシェン/カキ麺線 40元(約145円)
あまりクセがなくて、サラッと食べられる麺線。
パクチーが苦手な方は「不要香菜(ブーヤオシャンツァイ/Búyào xiāngcài)」と伝えてくださいね。


林記福州胡椒餅(こしょう餅)

美食廣場に入ったらすぐ左手にあります。
タイミングがよければ直ぐに食べられますが、人気店なので、次の焼き上がりの時間に予約する場合もあります。
予約は、数を伝えると番号札をもらえます。



焼く前の、色白もち肌の丸い胡椒餅



片面に胡麻をつけたら、生地を筒形の釜の側面にペタペタと貼り付けて焼きます。



ペタッとくっついて離れないのも不思議。
ユニークな焼き方ですよね。



こちらが焼きあがった胡椒餅です。



焼き窯の画がモチーフの紙袋に入れてくれます。



胡椒餅フージャオビン/こしょう餅 45元(160円)
こしょうの辛さとジューシーな豚肉がベストマッチ。
熱い熱いと言いながらかぶりつく幸せな食べ物です。



阿伯熱油麻糬(もちもちピーナッツ餅)

美食廣場の一番奥の左の方にあるスウィーツ店です。



メニューは色々とあります。
お茶はセルフサービスで無料で頂けます。



おすすめは看板メニューの熱油麻糬
麻糬(マーシュ― Máshǔ)は餅のことです。

余談ですが、モチモチした弾力がある食感を、台湾ではアルファベットの「Q」を使って、「很Q彈(とてもモチモチしてる)」と表します。
タピオカ店のメニューにも書いてあったりするので、見つけてみてくださいね。



熱油麻糬ラーヨウマァシュー/40元(約145円)
とっても柔らかくてQQ(モチモチ)のお餅に、甘いピーナッツ粉がかかっています。食後のスウィーツにぴったりです。



紅豆湯ホンドウタン/台湾ぜんざい 45元(約160円)
甘さ控えめのぜんざいです。日本のものより水っぽいです。
トッピングはカウンターに並んでいるものから2種類選べます。(写真は麦と花豆)



トッピングはケースの中だけじゃなくて、横にも並んでいます。


老街口愛玉(天然にこだわった愛玉)

QQ餅屋の隣のドリンク店です。
天然の材料にこだわっている店なので、安心して頂けます。



昔はこんな屋台の愛玉屋さんだったみたいで、歴史を感じますね~。
愛玉って何という方はこちらの記事をどうぞ→【台湾グルメ】屋台で売ってる「愛玉」ってなに?



メニュー



檸檬愛玉ニンモンアイイー 40元(約145円)
サッパリしたレモン味の愛玉ゼリー入りドリンクです



以上が、美食廣場内のおすすめグルメでした。
最後に番外編として、瑞芳屋台名物を紹介します。

瑞芳屋台グルメ(おまけ)

美食廣場前の屋台群の中で、しばしば行列を作っている店があります。



50年の老舗と書かれた「阿霞龍鳳腿」は、龍鳳腿ロンフォントゥイという「ウィンナーの中身がつみれ」みたいな食べ物の人気店です。一本12元。



実は同じ並びにもう一軒、「華記龍鳳腿」という龍鳳腿の店があります。



価格は同じで、一本12元で売られている龍鳳腿。



味は大差ないのですが、前者の阿霞は、10本買うと1本オマケに貰えるので、地元の人が大量に買うために行列を成している頻度が高いです。

私は空いている方でさっと買います。

ということで、この日は華記の龍鳳腿。
若干ヤンキー感があるオバサマ達が焼いてくれます。



龍鳳腿ロンフォントゥイ 12元(約45円)
肉とシャキシャキ食感の野菜が入ったつみれウィンナーに、甘辛いタレがついています。さっと食べられてお手軽なので、空いていたらお試しあれ!



糯米腸ノウミーチャン 20元(約70円)
もち米ウィンナーです。(糯米はもち米)
台湾独特の香りがする不思議な食べ物です。旅の思い出にどうぞ。



瑞芳は通り道になってしまう街ですが、美味しいものがあります。
ぜひぜひ、お立ち寄りくださいませ!

美味しいものセンサーに引っかかるものを発見したら、随時追加していきます。

美食廣場の基本情報

美食廣場
新北市瑞芳區民生街35巷2號 map
02-2496-5670
5:00–22:30
(台鐵瑞芳駅から220m)

コメント

タイトルとURLをコピーしました