【台湾旅行】台鐵、高鐵、MRT、YouBikeを調べるならこのアプリ「雙鐵時刻表」

台湾旅行

こんにちは、台湾のゆっこです。

家にこもって時間を持て余している方も多いと思いますので、今のうちにコロナが落ち着いたときの旅行のプランでも立ててみませんか?

ということで、台湾に住んでいる方にも旅行者にも大変便利なアプリ「雙鐵時刻表」を紹介します。

これ一つをダウンロードしておくだけで、台湾の公共交通機関のほとんど全てが調べられます。

基隆市に住んでいる私は、電車で台北に出るときはこのアプリを使って時間を調べています。

ここで台湾の電車と地下鉄の名称についてまとめておきます。

  • 台鐵:普通の電車。英語はTRA(Taiwan Railways Administration)
  • 高鐵:新幹線のような高速電車。英語はHSR(Taiwan High Speed Rail)
  • 捷運:地下鉄。英語でMRT(Mass Rapid Transit)と呼ばれることが多い。

旅行の場合は、”目的地までの所要時間”や”旅の予算”もスケジューリングに必要な情報だと思います。効率よく調べて、肝心なことに大切な時間を使いましょう。

スポンサーリンク

「雙鐵時刻表」アプリのダウンロード

まずはお手持ちのスマホにアプリをダウンロードします。このアプリは無料です。

Google Playでダウンロードはこちら
App Storeでダウンロードはこちら

台鐵を調べる

《想定》
台北付近に宿泊している旅行者が台北駅を10:30くらいに出発して、十分(または九份)に行く計画中。乗り換えをする「瑞芳駅」までを検索。

「台鐵査詢」をタップします。

「出発」の駅名をタップします。


左のエリア名「臺北」を先に選び、右の駅名「臺北」を選択し、「確定」をタップします。


到着駅の「瑞芳」も同様の手順で選択し、「確定」します。


次に日にちの設定をします。日にちをタップするとカレンダーが開きます。


日にちを選択して「OK」をタップします。


出発時刻も同様の手順で設定し「OK」をタップします。(出発時刻でしか検索できません


出発駅、到着駅、日にち、出発時刻の設定が終わったら、「検索」をタップします。

検索結果が表示されます。電車が既に始発駅を出ていれば、時間どおりか遅れているのかも表示されます。「準點」は時間通り、「誤點6分」 は6分遅れということです。


少し待つと所要時間の右に運賃も表示されます。

検索結果のうち、「普悠瑪」と「太魯閣」は予約が必要で悠遊卡では乗れませんのでご注意ください。「自強」や「莒光」は予約をしなくても悠遊卡で乗車できます。

《プラン決定》
10:30の電車を逃すと、到着時間が3分しか違わないのに高くて予約が必要な普悠瑪か、11:18と間が空いてしまうので、10:30の電車に乗ることにした。



他にも色々と機能があります。
「自転車」をタップすると、自転車が運べる車両がリストアップされます。

自転車についての補足(マルコス調べ)

① 最長部150cm以下、長+幅+高が220cm以下に折りためる自転車は、収納バッグに入れればどのタイプの車両も乗車できる(手荷物扱い)
② 自転車を折りたたまずに運ぶ場合は、別途チケットの購入が必要で、乗客の50%の運賃が別途かかる(このパターンの車両がアプリで確認できると思われます)


「愛心席」をタップすると、授乳室がある車両がリストアップされます。なんて気が利いた機能!


更にこんな便利機能もあります。左下のハートマークをタップすると、表示されている出発駅と到着駅をお気に入りに保存することができます。


右上のハートをタップすると、お気に入りに登録した区間のリストが表示されます。『気に入るを選択してください』という日本語訳が面白いですね。

MRTを調べる

台北MRT

《想定》
龍山寺でお参りがすんで11時、先にランチにするか101タワーに上るか悩み中。

「捷運査詢」をタップします。

台北地下鉄タブを選択する。MRTは本数も多く、台鐵のように車両による所要時間や停車駅等の違いがないので、日時の設定はありません


出発駅は左より路線「板南線」を選んでから、右より駅「龍山寺」を選択する。


到着駅は「淡水信義線」を選択してから、「台北101」を選択する。


MRTの路線が分からない場合、最初の画面で「路線図」をタップすると確認できます。2路線が交差する駅は、どちらの路線を選んでもOKです。


最後に「検索」をタップすると結果が表示されます。

所要時間は23分、片道25元、台北駅で乗り換えという結果になりました。以前は悠遊カードを使えば誰でも20%割引でしたが、条件付きの割引に変わってしまったので、悠遊カード割引運賃は表示されなくなっています。

《プラン決定》
30分以内で移動ができることが分かったので、ランチの前に101タワーに上ることにした。

高雄MRT

高雄MRTの場合も基本的な操作は同様です。ひとつ違うのは、「路線図」のほかに、「最初と最後車両」で始発と終電の時間が確認できるようになっています。

私はまだ高雄に行ったことがないのでピンときませんが、路線は2つあります。


始発と終電の一覧はこのように表示されます。

桃園MRT(空港線)

桃園MRTは旅行者の方は使う機能だと思います。時刻表も検索できるとありがたいのですが、その機能はありません。


路線が一つなので、出発駅と到着駅は同じ画面で選べます。オレンジ色の駅は快速列車もとまる駅です。


「路線図」も確認できます。車両もこの路線図の色と同様、普通車は青で、快速車は紫です。


最後に「検索」をタップすると下に運賃と普通車、快速車の所要時間が表示されます。普通車でも快速車でも運賃は同じです。

高鐵を調べる

《想定》
台湾旅行も2回目なので、台北から台中へ行ってみようかと検討中。

「高鐵査詢」をタップします。


出発駅、到着駅、日にち、出発時間を選択します。


「起站(出発駅)」と「訖站(到着駅)」をそれぞれ選択し「確定」します。


「検索」をタップすると結果が表示されます。このままだと値段が表示されないので、右上の「値段表示」をタップします。


画面の上に、運賃が表示されます。何もなければ、700元になります。2500円くらいなので、日本の新幹線に比べたらとても安いです。


ここで、外国人の方に朗報です。外国人ならKKdayというツアー会社を通すと高鐵のチケットが20%引きで買えます。「80%」をタップすると、割引運賃が表示されます。なんと560元で台中までいけちゃいます。

【台北駅発 20%割引】台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引きっぷ:外国人限定


また、高鐵検索トップ画面で、駅、日時をセットして、切符の値段だけ表示させることもできます。

《プラン決定》
台中が意外と近くて安いことが分かったので、台中に行ってみることにした。

YouBikeを調べる

YouBikeは台湾のレンタル自転車です。YouBike専用のステーションがあれば、どこでも返却可能なので、散策に便利に活用できるアイテムです。残念ながら基隆市にはまだありません。

《想定》
友人と4人で雙連で台湾の朝市を堪能したあと、天気もいいので自転車を借りて東門に向かってみようと話している。

「單車資訊查詢」をタップする。


「借りるスポット地図」をタップする。


「現在地」アイコンをタップして、地図を適当な大きさに拡大したら、「リフレッシュ」アイコンをタップ。「OK」という緑のマークがYouBikeステーションです。


雙連駅近くの「OK」マークをタップすると、レンタル可能台数と返却可能台数が表示されます。レンタル可能台数17なので大丈夫です。(距離の数字は当てになりません)



今度は目的地の東門付近でYouBikeが返却できそうか調べます。東門駅近辺に地図をドラッグして、「リフレッシュ」アイコンをタップします。


東門駅最寄りの「NO」マークを構わずタップします。レンタル可能台数は0ですが、返却は46台なので余裕があります。

《プラン決定》
現在地にも目的地にも利用可能なYouBikeステーションがあるので、4人で自転車のレンタルをすることにした。



他の機能を使ってみます。「スポットリスト」をタップします。


残念ながら私の住む基隆市はなかったので、お隣の新北市を選択します。


現在地からの距離が近い順に、YouBikeステーションがリストアップされます。最寄りの保長公園をタップします。


保長公園付近の地図が表示されます。「地図Navi」をタップするとgoogleマップに飛ぶのでステーションまでの経路も調べられます。



このアプリでは、他にもバスと飛行機についても調べられます。

バスは路線が多すぎて普段使っていないと路線番号を調べるだけでも大変なので、旅行ではあまり使わない機能だと思います。使えそうだと思うときがあったら、また更新します。

飛行機は発着便の遅れなどが調べられますが、刻一刻と状況が変わるので、アプリの情報がどこまで新しいものか不明です。実際に自分が搭乗するときに検証してみようと思います。(この時期なので、今はキャンセル便だらけです)

早く自由に旅行ができる世の中が戻りますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました