義理伯母「大阿姨」ついに入れ歯を手に入れる

台湾の日常・家族

こんにちは、台湾のゆっこです。

歯のない義理伯母大阿姨だーあーいー、久々の登場です。

というのも、大阿姨はついに歯を手に入れたのです!

どのようにして歯を失ったのかは、過去記事で紹介しています。
よろしければ併せてお読みください🙇‍♀️

歯を失った経緯→悪い歯医者にあたり歯を失った台湾の義伯母「大阿姨」
歯を更に失った経緯→歯を更に失った!!義理伯母「大阿姨」



知らないおばさんの入れ歯なんて見たくないよ、という方はこのままそっと画面を閉じてくださいね。






昨日のことです。

最近ご無沙汰だった大阿姨が、家にやってきました。

おニューの歯と共に。

おー!歯があるよ!大阿姨に歯がある!!!

と、興奮気味の私。

入れ歯をつけた、歯のある大阿姨は、やはり今までとは違って見えます。

大阿姨はマルコス母の1歳上の姉なのですが、歯がないがために、マルコス母の母親に間違われることもありました。

話しているときや笑ったときはもちろん、口を閉じているときも、歯がないと口元がへにゃっとしていて、とても老けて見えるんですよね。

「ほぼ総入れ歯」に掛った費用は、6万元(約22万円)だったそうです。

こちらが、大阿姨が大枚をはたいて作った入れ歯です。



不自然じゃないように、歯にあえて着色してあります。

ちなみに、これらの写真は大阿姨にその場で入れ歯を外してもらって、撮ったのではありません。

昨日、大阿姨が帰った後に写真を撮らせてもらえばよかったとマルコス母に伝えたら、大阿姨に連絡をしてくれて、今日わざわざ洗った入れ歯を持ってきてくれました。

このブログのために。

優しい大阿姨に感謝。
そして、いつもブログのネタをありがとう。

入れ歯をこんなにマジマジと観察するのは初めてだし、こんなにパシャパシャ入れ歯の写真を撮って、私は一体なにをやっているのだ?という気持ちになりながらも、気の済むまで写真を撮らせてもらいました。

入れ歯は分解すると、このようになっています。



上の歯用は、上あごにくっつけつつ、2本の歯で固定させるタイプ。



下の歯用は、歯茎にくっつけつつ、3本の歯で固定させます。



ほぼほぼ、歯がないやないかい!

上下5本で、今までどのように食べ物を咀嚼していたのだろうか…

きっと歯茎が、歯並みに頑丈になっているに違いない。

と考えつつ、パシャパシャ撮影。

下の歯の、歯茎に触れる部分が初めは痛んだらしいですが、調整してもらって今は馴染んでいるようです。



さて、入れ歯の写真はお腹いっぱいなので、金額の話に戻ります。

大阿姨の話によると、これでも当初よりは安くなったといいます。

入れ歯を作るための下準備で、悪くなっている歯を6本抜いた歯医者では、10万元(約36万円)と言われたそうです。(この様子は大阿姨シリーズ2に書いてあります)

そこで、大阿姨は友人に相談をして、別の歯医者で入れ歯を作ることにしたので、費用を当初より4万元も抑えることができたのです。

しかし後に、別の友人の知り合いで、父が歯医者、娘が歯科技工士という歯医者では、4万元で作れたことが判明!

10万から6万、しかし最安値は4万元!!

歯医者によって、こんなにも価格差があるとは驚きです。

素材や技術で価格は変わるだろうし、立地でも色々なものの価格が大きく変わりますから、そんなものなのかと勉強になりました。

中国語では入れ歯は「假牙ジャーヤァ」と言います。
「偽物の歯」という激烈ダイレクトな名がついています。

私の歯は、総假牙になる日がこないよう、日々きれいに磨いていますので、今のところ健康です😁

コメント

  1. メイフェ より:

    大阿姨、以前の経緯のほうも読ませていただきました。
    なんだかとっても楽しくて良い方なんだろうな~♡

    実は私の同世代の朋も悪徳歯医者さんに健康な歯を抜かれて(それも子どもの頃に)
    假牙になってしまったんだそうです。ひどい話ですが、50年ぐらい前は免許もないような
    歯医者さんもいたとか。
    でも今は日本よりも技術があってお値段も安いっていう所も多くなりました。

    入れ歯にわざわざ不自然に見えないように色を入れるとはびっくり~!
    歯がないと食べづらいものもあったと思いますから、大阿姨、
    美味しく食事ができるようになったらいいですね~♪

    そうそう、蔥油餅のお店、もちろん行ったことないです~。
    ゆっこさんのお写真で見る葱油餅、絶対美味しいタイプだ~と思って♪
    いつか是非是非食べてみたいです~。

    私も阜杭豆漿はそこまで・・・です。
    薄餅夾蛋は美味しかったですが、並ぶ時間がね・・・
    今も並ぶのでしょうか・・・!?

    • 台湾のゆっこ より:

      メイフェさん

      そうですね、大阿姨はうるさいくらい賑やかで、とても良い人です(笑)
      メイフェさんの朋さんが、子供の頃に健康な歯を抜かれたって、
      訴えられるレベルの話ですよね。恐ろしい~

      台湾に引っ越して、3日目に歯が欠けて(正確に言うと歯の白い詰め物でしたが)
      歯医者に行ったときに、歯医者がきれいでビックリしました!
      勝手なイメージで、ちょっとこ汚い感じを想像していたので。
      って、かなり失礼な話ですね。
      そして、歯医者で働いてる若い女性が全員、制服を超ミニにしていたのにもビックリ!

      色々、衝撃的な歯医者デビューとなりました(笑)

      阜杭豆漿は友人が遊びにきたついでに、初めて行ってみたのが1年前。
      私たちは早朝に行ったので、ほぼ並んでいませんが、
      出るころには階段までずっと行列ができていましたよ。
      中山の方がいいと思ったので、最初で最後の訪問になりました。

      基隆の蔥油餅は美味しいです!ぜひぜひお試しあれ~。

タイトルとURLをコピーしました