台湾在住&子育て中の私の生活に欠かせないもの

箸休め

こんにちは、台湾のゆっこです。

基隆が雨の都っぷりを存分に発揮し、連日雨が続いております。

朝からずっと薄暗いので、頭も体もスッキリ目覚めてくれず、なんだかパッとしない気分で過ごしています。

そんな私の気持ちに寄り添うことはない0歳児、太郎。

日々元気な太郎に振り回され、1度寝たら3日くらい経っているくらいの体感で時間が過ぎていきます。

そして、気づくと来月には太郎も1歳になります。

1年前の今頃は100cmくらいになったお腹を見つめながら、この中から君は本当に出てくるのか?私は本当に産むのか?と不思議な気持ちでいました。

と当時に、出産予定日あたりに開催されるVoicy FESのチケットを購入して、

もしかしてVoicy聴きながら産むのかな、
それもリラックスできていいかもな、

なんてことを思っていました。

結局、Voicy FESが終わってから出てきましたけどね。

スポンサーリンク



このVoicyが私の生活に欠かせないものなのですが、どこまで認知度があるのでしょうか。

Voicyはいわゆるポッドキャストのひとつで、私はかれこれ3年くらい聴いています。

他のポッドキャストで発信していた有名人も、Voicyに移動してきて落ち着いている感じがします。

台湾在住、企業で働いているわけでもなく、子育て中の私は、日本にいたときに比べて人間関係も行動範囲もかなり狭くなった感覚があります。

さまざまな情報を始め、色々な人の考え、生き方、外の状況を知る機会が減った私の世界を広げてくれるのがVoicyなのです。

ちまたで話題のNFTもVoicyで知りました。

それと、台湾の考えに染まりすぎないように、自分をニュートラルに保つ役割もしてくれている気がします。

特に太郎がまだ小さいので、目も手も空かない時間が多いのですが、唯一自由に使える耳で聴けるVoicyは毎日欠かさず聞いています。



さて、今年もVoicy FESの季節がやってきました。

Voicy FES ’22 -世界を変える声の祭典-
世界を変える声の祭典『Voicy FES ’22』公式サイト。2022年10月27日〜10月29日の3日間、オンラインにて開催。Voicyフェスは、映像などは使わない生放送による声のフェスです。昨年は初開催にもかかわらず、6,000人以上の方に有料参加いただくことができました。それぞれ異なるトークテーマによる対談でパー...



FESは10月27日~29日の3日間開催されて、実に色々なジャンルの人が組み合わさり対談を行います。

3800円のチケット代が必要になりますが、私は今年もVoicyを応援する意味も込めて購入する予定です。

普段は無料で聴けますので、知らない方はぜひ聞いてみてください。

去年は月子中心でVoicy FESのアーカイブを聴きながら、お母さん業の練習をしていましたね。

懐かしい。

今年も本当に楽しみです。

アンテナが鈍くなって錆びついてしまわないように、今日もVoicyを聴いています。


最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました