日本一時帰国計画に追い風!「台湾の隔離期間7日間に短縮」に「こどもは検査証明書不用」

台湾ニュース

 

2023年3月31日までの期間限定キャンペーン

2023年3月31日までの期間限定キャンペーン

こんにちは、台湾のゆっこです。

日本に帰国する日に向けて、いよいよ本格的に準備をする段階に入ってきました。

今までは向かい風が多かったのですが、ここに来てようやく追い風が吹き始めました。

まずは昨日のニュース。

台湾入境時の隔離期間が7日間に短縮されました!




これは嬉しいニュースです!

台湾の現行ルールでは、自宅隔離は一人一戸が原則で、無理な場合はホテル隔離となります。

ということで、私と太郎はホテル隔離組

0歳児と2人きりでホテルに缶詰めはさすがにちょっと大変そうです。

それと帰国を決めたときはあまりよく考えていませんでしたが、ホテル10泊って結構な出費です。

3日でも縮まってくれて、金銭的にも助かります。

短ければ短いほどありがたいので、今後もっと縮まることに期待しています。

隔離なしウェルカム!


スポンサーリンク




次に、日本入国時に赤ちゃんも検査証明書が必要なのか?

色々と調べた結果、必要ないことがわかりました。

ということで、太郎の出国前の鼻グリグリは回避できました!

必要なしの結論に至るまではこうでした。

厚労省のホームページ検査証明書について(Q&A)を確認するとこう書かれていました。

子供も検査証明書を取得するようにお願いしています。
ただし、多数の国において、当該国の制度として未就学の子供には検査を実施していないことも勘案し、検疫においては、個別の事情をお伺いした上で、同居する親等の監護者に帯同して入国する未就学(概ね6歳未満)の子供であって、当該監護者が陰性の検査証明書を所持している場合には、子供が検査証明書を所持していなくてもよいものと取り扱うこととしています。

厚生労働省ホームページより



子供も必要だけど、国によってはそもそも子供に検査を実施していないから、その場合は不用ということ?

要るのか要らないのか、はっきりとしない表現です。

以前Twitterのタイムラインで、台湾から日本に帰国した人が子供の検査証明書は不用だったと書いているのを見たことがありました。

それなら太郎も不用ですが、見知らぬTwitterの主のつぶやきだけでは、確証として弱すぎます。



そこで、不用であれ!と不用の確証を得るスタンスで、基隆市のPCR検査を受け付けている病院に聞いてみると、0歳でも検査は必要と言われました。

いや、私が欲しいのはそんな返答じゃない!



今度は、ANAに電話して聞いてみることにしました。

現場の声が一番確実なはずです。

そして、担当のカマティーさんから6歳未満は必要ないとの確認が取れました。

つまり、出国する国(台湾)でPCRを子供に実施しているかどうかは実質関係ないということです。

それならば、6歳未満は必要なしと分かりやすく書いてはくれまいか。

にほんご、むつかしいでぃす。



その後、更に追い風が吹きます。

その話はまた明日。

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました