防犯カメラがまた活躍!なくした身分証が見つかった話

箸休め

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾ではレシートがくじになっていて、2か月に1度、当選番号が発表されます。

1等は1000万元!

日本円で3500万円以上です。そんな大金が、買い物をしたレシートで当たるかもしれないという、

夢の国、台湾

我が家では、1000元の当たりが最高額。
たまに200元が1、2枚当たるのみ、というのが現実です。


先日も200元が当たったので、マルコスが出かけるついでに、当選レシートをセブンで交換して、スウィーツを買ってきてくれました。

さて、翌日に事件がおこります。

台北101の85階で、ちょっと贅沢なイタリアンで結婚記念日を祝い、会計を済ませたときのこと。


マルコスが焦った様子で財布のポケットを一つ一つ調べて、探し物をしています。

どうやら、前日にセブンにIDカード(国民身分証)を忘れてしまったようだといいます。

というのも、当選レシートくじの交換には、IDカードの提示が必要なため、店員さんに渡したとのこと。(外国人が当たった場合は、パスポートを提示)

マルコスの記憶によると、セブンでレジの男性にIDカードを返してと言うと、「まだ手続きに必要だから、先に品物を選んでください」と言われたそうです。

言われたとおり、男性に預けたまま先に品物を選んで、再びレジに戻ったそうです。

きっと、その時にレジの男性が返し忘れたのだろう、ということでした。

以前の台湾では、IDカードを無くすと、新聞に名前が載ってしまうほどの大事だったそうです。(名前掲載は防犯のため)

IDカードは身分証明書として、それほど大切なものです。

再発行も出来ますが、仕事が忙しいマルコスにとって、なんとも煩わしい余計な用事です。

イタリアンディナーの帰りに同じセブンに寄りましたが、前日の男性はシフトが数時間後ということで不在。対応にあたった店員さんは、他人事といった感じです。

仕方がないので、見つかったら連絡をくれるように電話番号を残し、店をあとにします。

心配と不機嫌がまざったようなマルコスに、

「私はニューヨークで鞄を盗られて、パスポートもお金もデジカメも帰りの航空券も、全て失ったんだから、IDカード1枚くらいなんてことないよ」

となぐさめます。(実話です)

素直なマルコスは、「そうだね、ありがとう」とうなずきます。

さて、男性の店員さんの勤務時間になったので、マルコスはセブンに電話して確認をします。

店には見当たらない、との返答。

しかし、諦めるなかれ、防犯カメラがあるはず!

前に、友人がタクシーに忘れたスマホも、防犯カメラで見つかったではないか!


何か映っているかもしれないからと、確認をお願いして電話を切りました。

しばらくして、男性から折り返しの電話がありました。

そして、マルコスから「あったー」と、少し間の抜けた声で報告がありました。

なんと、防犯カメラに映っていたのは、受け取ったIDカードをマルコスがシャツのポケットに入れる映像でした。

犯人は目の前にいたのか!!!

ということで、無事に洗濯かごの中のシャツのポケットから、大切な大切なIDカードが見つかりましたとさ。

みなさん、貴重品はくれぐれもポケットに入れるのはやめましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました