シフォンケーキ専門店「CHIFFON」の手作りプリンが絶品丨南京復興

台湾グルメ

こんにちは、台湾のゆっこです。

今日は、台湾に住んでいる、洋風スウィーツ好きさんのための投稿です。

日本式シフォンケーキが看板商品のケーキ屋「CHIFFON」の、手作りプリンを紹介します。

看板のシフォンケーキは未体験なので、追ってレポします。

スポンサーリンク

とろとろ濃厚「手作りキャラメルプリン」

マルコス姉が、美味しいと評判のプリンをお土産に買ってきてくれました。

ガラス製ではなくて、プラスチック製の小さな入れ物に入っています。軽くていいです。


ふたの絵をよく見ると、笏(しゃく)にぼんぼり…てことは、ひな人形のお内裏様??
『手作りキャラメルプリン』と日本語で書いてあります。

中国語の単語は2文字で構成されているものが多いので、
 手工=手作り
 焦糖=キャラメル
 布丁=プリン
という意味ですね。ついでに単語の勉強もしちゃいます。


お内裏様のふたを取ると、裏側には材料や賞味期限、店舗情報が書かれていました。
賞味期限が外から見えないデザインの謎。

フランス産バターや天然バニラを使っている、こだわりのプリンであることが分かります。

材料は牛乳、卵、バター、砂糖、キャラメル、天然バニラビーンズのみ

添加物は一切入っていません

どれどれ、と内ぶたを開けると、プリンの表面に黒いバニラビーンズの粒が点々。

美味しそう~


付属のスプーンを入れると、柔らかめのテクスチャーで、口に入れるととろっと溶けて、バニラの香りが広がります。

濃厚なプリンが好きな方は、きっと気に入る味だと思います。

「CHIFFON」店舗情報

【CHIFFON】
 住所:台北市中山區龍江路79號
  (MRT南京復興駅2番出口から100m)
 電話:02-2716-0138
 営業時間:9:30-21:30(日曜定休)
  ※店内でも食べられます


店名「CHIFFON」から分かる通り、シフォンケーキの専門店のようです。

CHIFFONのホームページによると、1988年、日本で人気だったシフォンケーキを台湾に紹介したお店とのこと。

当時、素材本来の味を生かした、柔らかく甘すぎない繊細なケーキということで、健康志向の日本人の間で評判だったそうです。

言われてみれば、シフォンケーキブームがありましたね。

CHIFFONは、今でも日本と同じ原料と製造方法で作っているそうです。

こだわりまくりのシフォンケーキも、きっと絶品に違いない!

次回は、マルコス姉がシフォンケーキを買ってきてくれるそうなので、楽しみでなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました