台湾にマンゴーの季節到来!箱で頂きました!現地価格も紹介します

台湾の文化・生活

こんにちは、台湾のゆっこです。

マルコス母の友人からマンゴーを箱で頂きました。

何の前触れもなく、マンゴーを持っていくからと電話が入ったそうで、朝の9時半くらいに持ってきてくれました。

突然箱でマンゴーが届くなんて素敵すぎます。

スポンサーリンク

マンゴーの現地価格

市場で安かったから、我が家の分も買ってくれたというマンゴーがこちらです。


今回頂いたマンゴーは、12個で
たったの550元だったそうです。

日本円に換算すると、2000円くらいです。

ということは、2000÷12だから…

1個165円です。

日本では考えられない破格!

甘くて美味しいマンゴーが、お手頃価格で食べられる幸せな台湾。

1個の重さを量ってみました。


465g、ずっしりとしっかり重みがあります。

台湾の市場で売られている標準サイズかと思います。興味のある方は日本で売られているマンゴーと重さ比べをしてみてくださいね。


今回のマンゴーは安く手に入ったものですが、マンゴーが市場に出始める5月頃は、少し価格が高いです。

市場内でも質の良いものを置いている果物屋さんでは、1個450円くらいします。

マンゴーが旬の6月から8月になると価格が下がってくるので、1個250円~300円くらいでしょうか。

少し古かったり、小さかったり、大量に購入すると割安になっていきます。

代表品種は愛文(アーウィン)

マンゴーにも色々な種類があるのですが、今回頂いた赤い色のマンゴーは、「愛文マンゴー(別名アーウィン、アップルマンゴー)」という、台湾では最も出回っている品種です。

実はこのアーウィン種は、台湾から沖縄へ渡ってきたと言われている品種で、日本でも最も栽培されている品種になります。

日本ではアップルマンゴーと呼ばれることが多いでしょうか。

更にあの有名な宮崎県産の高級マンゴー「太陽のタマゴ」も同じ品種なんです。

マンゴーの旬と食べごろ

マンゴーの旬は6月から8月くらいです。

甘くて少し酸味もあって、みずみずしい台湾のアーウィンがお手頃価格で食べられるこの季節。

台湾の暑さに耐えうるなら、是非夏に旅行に来て沢山食べていただきたいです。

市場の果物屋のオジサンに教えてもらいました。マンゴーは
お尻から甘い汁が出だした頃
が食べごろだそうです。

マンゴーが枝と繋がっていた部分がお尻です。


買ったマンゴーが硬そうだと思ったら、常温でしばらく置いて、”お尻の汁待ち”をしてみてください。

マンゴーアレルギーに注意

台湾に来てから知りましたが、マンゴーはアレルギー体質の人や、皮膚の弱い人は食べない方がいいと言われています。

日本ではマンゴーは日常に食べるフルーツではないので、あまり知られていないのではないでしょうか。

台湾でアレルギー症状で皮膚科に行くと、食べない方がいい食べ物リストの中にマンゴーが含まれています。

症状としては、口の中が痒くなったり、皮膚にじんましんが出たり咳が出たりするそうです。

ちなみにマンゴーはウルシ科です。痒くなりそうなイメージですね。

今のところ、食べたからアレルギーが出るということはないですが、私も皮膚が弱いので食べ過ぎないようにしています。

夏の暑さをたえるには美味しい食べ物が一番!

ということで、今年もマンゴーを満喫しますよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました