基隆廟口夜市|基隆市民のゆっこが選ぶオススメ店を一挙公開

基隆夜市

こんにちは、台湾のゆっこです。

基隆と言えば、日本のテレビでも取り上げられるほど人気なのが「基隆廟口夜市」です。

九份や十分へ旅行するついでに立ち寄ろうと計画している人も多いのではないでしょうか。

もう沢山の屋台がひしめき合っていて、目移りしてなにを食べればいいのか迷っちゃう!

そんなあなたに、基隆市在住の私が実際によく食べている小吃&スウィーツを一挙に紹介しちゃいます。

☆注意☆
おいしい店発見!味が落ちた!コスパが悪すぎる!日本にない味だから試して欲しい!など、様々な独断でリストは随時更新されます。

スポンサーリンク

基隆廟口夜市はこんなところ

基隆廟口夜市といえば、黄色いちょうちんの屋台がずら~っと並んだ通りが有名です。



いつの頃からか、屋台に番号が振られるようになり、観光客にとっても分かりやすくなりました。



基隆夜市の特徴はずばり、安い!うまい!です。

一皿のボリュームは大きくないので、色々と食べ歩けるのも嬉しいところ。

台湾の味を思う存分楽しめる、食いしん坊にはたまらない場所です。

そしてなんと、ちょうちん通りは朝10時くらいから開いています

例えば、ある日の朝10:30の風景。
すでに半分以上の店が開いていて、遅めの朝食だか早めの昼食を食べる人がチラホラ。



お昼時ともなると夜市なみの凄い人です。



また、”雨の都”基隆ならではの利点が、雨でも屋台に影響なしという点です。ちょうちん通りは、看板から奥は屋根があるので、雨でも問題ありません。



また、夕方になるとちょうちん通り以外にも屋台が出始めます。

昼間は普通に車が走っていた道路が、



夕方から歩行者天国になり、屋台でにぎわいます。



もうひとつ、夜市以外の話です。
基隆廟口の「ミャオ」は、道教の神様が祭ってある寺院を指し、廟がある周辺の場所を「廟口ミャオコウ」と呼びます。



基隆廟口も名前の通り、ちょうちん通りの中ほどには1875年に建てられた「奠済宮」という廟があります。ぜひ、日本のお寺とは異なる台湾の寺院も、味わってみてください。


スポンサーリンク

美味しい小吃たち

【天一香肉羹順】台湾で一番美味しい魯肉飯/31番

何といってもイチ押し中のイチ押しが、【天一香肉羹順】魯肉飯です。

台湾で食べた魯肉飯の中でナンバーワンです。
八角は使っていないので、苦手な方も大丈夫です。

ピーク時は隣のブースも借りて席が広がります。混んでいそうに見えても、意外と座れるので、店員さんに声をかけてみてくださいね。

魯肉飯ルーロウファン 20元(約70円)
まずはこれを食べてください!オススメ中のオススメの一品です!



肉焿ロウグン 45元(約160円)
片栗粉でコーティングされた豚肉のサッパリスープ

中国語メモ

パクチーを抜いてください
不要香菜(ブーヤオシャンツァイ/Búyào xiāngcài)



筍絲スンスー 15元(約55円)
柔らかく煮たタケノコに甘酸っぱいタレがかかっている



油豆腐ヨウドウフ 10元(約35円)
厚揚げに甘酸っぱいタレがかかっている



【花枝焿・大麺炒】シンプルなのにクセになる太麺/40番

天一香肉羹順(31番)の向かいにある【花枝焿・大麺炒】は、メニューが2つのみという潔さ。



大胆に蒸された太麺が、魔法のタレでクセになる美味しさに変身。


ピーク時は、店主の一存でニラなしの場合もありますが、そこは台湾だと思ってご了承くださいませ。

大麺炒ダーミェンチャオ 25元(約90円)
太麺にニラのトッピングに「魔法のタレ」がかかっている



花枝焿フアージーグン 55元(約200円)
衣をつけて揚げたイカが入った、さっぱりスープ



【米粉湯】極太ビーフンと大根おでん/6番

屋台群の中でも小ぎれいな店で、さっぱりしたものが食べたいときにオススメのお店です。

店頭では日本のおでんのように大根と厚揚げがグツグツ。



店名でもある「米粉」はビーフンのことです。このお店のビーフンは極太です。



メニュー(菜頭ツァイトウ=大根、吉古拉ジィグーラー=ちくわ)



米粉湯ミーフンタン 25元(約90円)
豚の出汁が効いたスープに極太ビーフン



菜頭ツァイトウ 30元(約110円)
油豆腐ヨウドウフ 30元(約110円)
日本とは違う出汁がしみた大根と厚揚げをピリ辛のタレで


【吳記螃蟹羹】カニスープと台湾おこわのセットでどうぞ/5番

台湾人に大人気で、ご飯時には行列ができるお店です。

向かいの10番も同じカニスープと油飯のお店で、そちらも美味しいですが、こちらのお店の方が人気です。(マルコスは5番のカニスープの方が好みらしい)

油飯は台湾では「おこわ」のことです。



螃蟹羹パンシエグン 70元(約250円)
カニの爪部分と細長い海藻が入ったとろみのあるスープ
 ※海藻の香りが苦手な方にはお勧めしません
 ※カニスープの価格が徐々に値上がりしています。(これ以上値上がりしたらリストから外すかも)



油飯ヨウファン 30元(約110円)
豆、シイタケ、干しエビが入った硬めのおこわ


ソースをかけて味変をするのもよし


【螃蟹焿・油飯】くせが少ないカニスープと台湾おこわ/10番

吳記螃蟹羹(5番)と似たラインナップのカニスープと油飯の店です。

メニューはこちらの方が豊富で、肉のスープもあります。

私はカニスープはこちらの店の方がクセがなくて好みです。5番に比べて空いているので、こちらで食べることの方が多いです。

油飯ヨウファン 30元(約110円)
具は少なめの台湾おこわ



螃蟹羹パンシエグン 70元(約250円)
カニ爪が入った、クセのないとろみのあるスープ
 ※5番と同じくカニスープの価格が徐々に値上がりしています



綜合湯 50元(約180円)
豚肉赤身、レバー、モツのスープ
臭みは全くありません
別に小皿でくれるタレをつけて食べます


美味しいスウィーツたち

【愛玉冰】さっぱりレモン味の愛玉を内用で/45番

店頭にレモンと愛玉がドーンと置いてあります。



愛玉冰アイイービン 30元(約110円)
レモン味のサッパリしたゼリー
内用ネイヨン(持ち帰りじゃなくて店内で食べる)と伝えると、お皿で出してくれる
お皿の方が美味しく感じるのでオススメ



他にもメニューがあります。
「奶」は牛乳、「仙草」はハーブのような香りのする葉を煮出して作るゼリーです。インスピレーションに従って、別メニューを試すのもありです。


【金興蔴粩】お土産にも最適、台湾の伝統菓子/62番

【金興蔴粩】は100年の歴史を誇る、昔ながらの手作り製法にこだわっている蔴粩の老舗で、現在の店主は4代目です。

「蔴粩」は、タロイモ粉ともち米粉を合わせた生地を発酵させてから、揚げて、水あめをコーティングしてから、ピーナッツや胡麻などをまぶした台湾の伝統菓子。

日本語表記は「揚さかりんとう」となっていますが、かりんとうよりもフワッとサクッとしています。



味は花生フアシェン(ピーナッツ)、白蔴バイマー(白ごま)、黒蔴ヘイマー(黒ごま)、米香ミィシャン(白米ポン菓子)、紫米ズーミィ(黒米のポン菓子)、海苔ハイタイ(のり)、杏仁シンレン(アーモンド)の7種類です。単位は一斤(600g)で、数にすると12個前後になります。



店頭で一つからでも買えます。
量り売りなので大体ですが、ピーナッツだと一個20~25元くらいです。



日持ちがするので、詰め合わせをお土産に買うのもオススメです。


【泡泡冰創始店】ピーナッツ味がおすすめです/41、37番

冷たくて甘いものが好きな方にオススメの、ふわふわしたかき氷のお店です。



実は2軒隣の37番も「泡泡冰」のお店で、41番は陳家、37番は沈家と書いてあり、双方「私が創始者だ」と主張していて、どちらが本当なのか分かりません。

価格は同じ、味を比べても殆んど違いはないので、私はどちらで買ってもいいと思います。

とは言え、なぜか41番の方が人気です。

味はお好みですが、やはり1番人気の花生フアシェン(ピーナッツ)がオススメです。



泡泡冰(花生) 50元(約180円)
味によらず値段は一律50元
1カップのサイズが大きめなので、2人でシェアが丁度いいです


マップとアクセス

基隆廟口夜市マップ

有名なちょうちん通り(黄色ゾーン)は、朝10時くらいから開いている店が多いです。

赤と青のゾーンは、昼間は車が通る普通の道路で、夕方16時~17時くらいに店がオープンします。


台鐵 基隆駅からのアクセス

基隆駅からは、700mくらいの距離にあります。

南口の改札を出たら、左(港西街・忠一路)の出口から外に出ます。



階段を降りたら、左手にある横断歩道を渡り、水色の歩道橋で道路を渡ります。



海を左手に見て、とにかく真っすぐ歩きます。



大型船が泊まっていたら、迫力がある風景が見られます!



Esquareの前のバス停も通り過ぎます。
トイレに行きたい場合は、Esquareの1階で済ませましょう。ティシュは自販機で10元で買えます。



道路を渡って、右へ


COSMEDを左折します。



ファミリーマートが右手に見えたら、食べ物メインの夜市ゾーン(赤色)が始まります。



ピーク時はかなりの人ですが、頑張って真っすぐ進むと、adidasショップの向かいから黄色いちょうちん通りが始まります。



田寮河沿いからのアクセス

金色の鶏橋から、夜市に入れます。



ここは洋服、雑貨、ゲームメインの夜市ゾーン(青色)になります。



まっすぐ進み、食べ物屋台のゾーン(赤色)を抜け、


adidasショップの向かいから黄色いちょうちん通りが始まります。

夜市で注意すること

台湾は日本と同じくらい、治安がいい国ですが、やはり人ごみではスリがいます。実際にマルコスも夜市でズボンに入れていた財布をすられたことがあるそうです。

・財布はポケットには入れない
・リュックは前へ
・なるべくチャック付きのバッグを使う

などのスリ対策をしてください。

また、台湾のドライバーは概して交通マナーが悪いので、道路を渡る際は十分にご注意ください。一応、人優先なのですが、車やバイクが突っ込んできます。

歩行者天国でも、空いている時間帯だとバイクが入ってきます。マフラーで足を火傷しないように、バイクにぶつからないように気をつけましょう。



本記事は黄色いちょうちん通りの屋台メインで案内しました。

他にも紹介したいお店は、また別記事で案内する予定です。

皆さま、安全で美味しく楽しい旅を!

コメント

  1. 坂本正通 より:

    基隆の夜市についてサイトでリサーチしてみたら、ほとんどが類型的な記事しかなかったが、このサイトはカニみぞれスープについて、5番の呉記以外に10番のお店も紹介していて好感が持てます。
    何故カニみぞれスープだけが少しづつ値上がりしているのでしょうか。

    • 台湾のゆっこ より:

      坂本正通様

      コメントありがとうございます。
      物価が上がるにつれ、他の店も少しずつ値上がりをしていますが、
      カニみぞれスープは、値上がりのスピードが早いので目立ちます。
      カニの収穫量が低くて値上げした可能性はありますね。
      海産物は他にもクラゲが今年は高いそうです。
      一度値上げしたものが下がることはないでしょうから
      材料費が下がってもこのままだろうと思われます。
      夜市にしては、価格設定が高めですね。

  2. 台湾のゆっこ より:

    メイフェさん

    私も士林よりずっと基隆夜市が好きです!
    台北の寧夏夜市も大好きです。
    美味しいお店がギュッとしている夜市の方が大人向けですよね。

    魯肉飯は断然オススメです。ぜひぜひぜひ食べていただきたいです。
    向かいの40番の大麺炒も、美味しいので、はしごしてくださいね。
    大根も美味しいですよ。太いビーフンお好きなんですね。
    ぜひぜひ、沢山はしごしてください。

    書きませんでしたが、人気の三明治は、七堵にある店のパクリで
    値段は倍で、味は七堵より落ちるからおススメしません。
    そういうオススメしない店の扱いがブログだと難しいですね。

    食べ物のことを考えていたら、なんだかお腹が空いてきました(笑)

  3. メイフェ より:

    おぉ~!
    基隆の夜市~!
    私も何度か行きましたが、士林などより雰囲気が好きです♡

    トップの魯肉飯、これ、絶対美味しいですね。
    今、この時間でも是非食べたい~。
    あと米粉もとっても好みのタイプ。お大根もこれ、美味しいだろうな~♡

    どれもこれも食べたくなっちゃいました。
    たくさんのお店を紹介していただいて次回の参考になります!
    ありがとう~♡

タイトルとURLをコピーしました