高雄旅行|2020年 「高雄85大樓」の写真スポットと荷物を無料で預ける「裏ワザ」

高雄の旅
スポンサーリンク

こんにちは、台湾のゆっこです。

そういえば、6月末の高雄旅行を全て出し切っていませんでした。

今日は、「高雄85大樓」を見たロケーションと、意図せずして大きい荷物を無料で預けられた「裏ワザ」を紹介します。

スポンサーリンク

高雄85大樓(高雄85ビル)を見るスポット

旅行の最終日に高雄のランドマーク「高雄85ビル」を見に行きました。

最寄り駅は高雄の最新ライン”環状ライトレール”の「高雄展覧館駅」ですが、私たちは従来MRTレッドラインの「三多商圏駅」から1kmほど歩きました。

なぜなら、ライトレールの最寄り駅があるとは知らなかったから。でも、ライトレールを使うとホテルから遠回りになるので、きっと同じルートをたどったでしょう。

目指すは高雄85ビルがきれいに見えるという、展覧館わきの広場です。(地図の☆の位置)


暑すぎて、展覧館に着くころにはヘロヘロです。


展覧館の中の冷房ですこし息を吹き返してから、建物を通り抜け海側の出口から勇気を出して外へ。

展覧館もなかなか面白い建築物です。


そして、暑いを連呼しながらみた高雄85ビルがこちら。
丸い展覧館との対比がいい感じです。


ここぞとばかりの縦ショットも。

駅からのルートで、高雄85ビルのすぐ横を歩いたのですが、見上げても全貌が全く見えないので、離れて初めて「写真でみたやつだ!」となる大きなビルです。

暑すぎて干からびる寸前ですが、海好きなので海も眺めてみると…
おや?この灼熱の中、直射日光浴びまくっている釣り人がいるではないですか!


よく見ると親子です。
お父さん、子供の背中が90度に曲がってますよ!
どうしても今釣らなきゃいけないのか???


釣り親子を色々な意味で心配になりつつ、日陰に入り広場越しにビルを写真に収めます。
するとマルコスが広場のオブジェに興味をそそられています。ちょうどビルの真下にあるクネクネしたやつです。


ああ、日陰から出るの、勇気がいるわ~
本当に見たいの?ほんと?ほんと????

どうやら本当に見に行きたいらしいので、マルコスにつきあって日陰から出ます。

マルコスが近くで見たいと言ったタコのオブジェです。
日傘をさすと顔が真っ黒になるので、日傘を一瞬はずしてまぶしさと暑さに耐えて写真を撮ります。


結論!

ここは、真夏の昼間に歩いてくる場所じゃないです
夜景がきれいらしいので、夕方から夜にかけて訪れましょう

荷物を無料で預ける「裏ワザ」

高雄85ビルを見たのは旅行の最終日だったので、マルコスはスーツケースを引いていました。

三多商圏駅のコインロッカーにスーツケースを預けようと思っていたのに、うっかりそのまま地上に上がってきてしまいました。

戻るのも面倒だと思っていると、ふと横にあるデパートが目に入ります。

この中で預けられるかもと、涼を取るのを兼ねて中に入ります。

それが、大正解でした。

なんと、カスタマーセンターで無料で預かってもらえたのです。


デパートのこういったサービスは、あまり利用することがないので、なるほどな発見でした。

買い物客ではない人が利用するのはマナー違反ですが、どうしてもというときに使える手です。

ほどほどにご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました