高雄旅行|2020年 おすすめグルメ編

台湾旅行

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾の端午節連休を利用して、2泊3日の高雄旅行に行ってきました。

初めての高鐵、初めての高雄。楽しい!暑い!美味しい!

ということで、まずは、今回の旅行で美味しかったお店を紹介します。

おすすめ度は★マークで表しました。最高★5つです。

スポンサーリンク

芒果咖秋 高雄孔廟西廡 ★★★★★

「芒果咖秋」は観光地の高雄左營孔子廟の建物内にあるカフェです。コーヒー好きの方に特にオススメです。

暑くて暑くて、休憩をするために入ったところ、
味よし、サービスよし、雰囲気よしの3拍子揃ったとても良いカフェでした。

店内は広々していて、テーブルも椅子も太鼓というのが、なんとも可愛らしいインテリアです。


お店の名前でもあるマンゴーコーヒーと、3種類あるコーヒーの中から、最も深入りのものをホットで注文しました。

まずは、マンゴーコーヒー(200元)です。

まずは、ストローで茶色のコーヒーの層を飲んで、コーヒーそのものの味を楽しんだあとに、マンゴーアイスも含めてよく混ぜて飲みます。

グラスの底には、チョコレートの層が沈んでいます。

美味しいのか半信半疑で注文したのですが、何よりコーヒーがとても美味しく、不思議とマンゴーとの相性もいいんです。

マンゴーによく合うコーヒー豆を厳選していると思われます。お値段は少ししますが、注文する価値はあります。

ホットコーヒーのドリップに時間がかかっているからと、別の種類のコーヒーをサービスしてくれました。

メニューにもある、フランスのコーヒーとのこと。豆を発酵させているそうで、ウィスキーかブランデーが入っているかのような芳醇な香りがしました。


少し待っていると、深入りコーヒーもやって来ました。香りも味も好みでした。


マグカップのうさぎが気になる…


裏を見るとどうやらオリジナルのマグカップのようです。売り物だったら買って帰ろうと思ったのですが、残念ながら売っていませんでした。


ドリップ式のコーヒー豆は売っていたので、気に入った味があったらお土産にいいと思います。

他にもフルーツコーヒーが何種類かありました。


外にもこのように席が並んでいます。季節がよければ気持ちよさそうですね。


【芒果咖秋 高雄孔廟西廡】
 住所:高雄市左營區蓮潭路400號
  (高雄左營孔子廟の中にあります。施設内入場無料)
 電話:07-588-6438
 営業時間:9:00~18:00(月曜定休)

三牛牛肉麵 ★★★★★

インターネットの情報で評判が良かったので入ったら、評判通り美味しかった「三牛牛肉麵」

着いたときはちょうどお昼時で行列ができていました。

2階もあり席が多くて、回転も速いようで、上の写真の行列でも待ち時間は10分ほどでした。

入り口の外に受け付けの人がいるので、人数を伝えます。すると、注文票に席の番号を書いて渡してくれます。

店内に入るとすぐに小吃が並んでいるので、食べたい場合はここから取っていきます。


席に着いたら、注文票に個数を記入して、店員さんに渡します。

麺は3種類、拉麺、細麺、疙瘩から選べます。”拉麺”は、ラーメンではなくてうどんです。サイズは小でも十分に大きいと思います。


清燉牛肉麺 拉麺(175元)
スープはあっさり塩味、くさみは全くありません。柔らかく煮込まれた牛筋肉がゴロゴロと入っています。牛肉もくさみは全くなくて、美味しいです。私はこちらが好みでした。


紅燒牛肉麺 細麺(130元)
薬膳風味のスープで、台湾ぽい牛肉麺はこちらです。牛肉は清燉牛肉麺の肉に比べて、赤身が多めでした。


店の奥のカウンターに、漬物が置いてあるので取ってきて、最後に味変してたべるのもオススメです。赤い方は結構辛いのでお気を付けください。


【三牛牛肉麵】
 住所:高雄市左營區勝利路85號
  (龍虎塔から徒歩5分)
 電話:07-588-7264
 営業時間:11:00~20:30(火曜定休)

六合夜市 木瓜牛奶飲み比べ 

台湾の夜市で気に入ってよく飲むのは、木瓜牛奶(パパイヤミルク)です。高雄で一番有名な六合夜市で、有名店とその他の店の飲み比べをしました。

鄭老牌木瓜牛奶 ★★★

人気店だという「鄭老牌木瓜牛奶」は、看板の落書きが目印です。少し行列ができていました。


フルーツが置いてあるカウンターの横で注文をします。


価格は一律60元です。注文をしたら、少し横によけて待ちます。


味は濃厚で甘味が強いです。コンデンスミルクかなにか甘味料を使っているか、脂肪分が高い牛乳を使っているのかも知れません。私には甘すぎました。甘い方が好きな方は、「鄭老牌木瓜牛奶」はオススメです。

正老牌木瓜牛奶 ★★★★

ふと通りかかった「正老牌木瓜牛奶」の看板にもサインが沢山書いてありました。気になったので飲み比べです。


価格はフルーツの種類によって、40~60元。木瓜牛奶は50元です。
価格設定を見る限り、フェアな商売をしている印象を受けます。


ロゴの入っていないシンプルなコップです。味はパパイヤの自然な甘味のみだと思います。パパイヤ濃度はしっかり高いので、フルーツ本来の甘味が好きな方には「正老牌木瓜牛奶」がオススメです。私はこちらの方が好みでした。

老店興隆居傳統早點美食 ★★★

高雄で有名な、1954年創業の朝食の老舗「老店興隆居傳統早點美食」です。


有名&人気店だけあって、土曜の朝9時はすでに行列でした。湯包タンバオ(肉まん)と焼餅シャオビンの列に分かれて並びます。


マルコスと手分けして、私は湯包の列へ並びました。7、8分くらいで私の番が来ました。個数と内用ネイヨン(店内で食べる)か外帶ワイダイ(持ち帰り)かを伝えると、おばさんが手際よく湯包を包んでくれます。

とりあえず外帶にしておいて、店内で席が空きそうなら座って食べればOKです。

会計は中なので、湯包を持ってこのカウンターで会計です。目に入ったので、ついでに豆乳もゲット。


豆乳(17元)
飲みながら焼餅待ちが出来たので、買って正解でしたが、可もなく不可もなくな味でした。


店内で包んだ湯包が外に運ばれてきて、次々に蒸されていきます。皆さん、手際がいいです。


焼餅やその他のメニューは一緒に注文します。焼餅原味(プレーン)と台湾おにぎり”飯糰”ファントゥアンを買いました。


ちなみに、焼餅の原味以外のラインナップはこちらです。卵あたりが定番でしょうか。


焼餅(原味) 18元くらい(忘れました)
胡麻がかかっていて、サクッとしたタイプ。初めてだったので原味を頼みましたが、この焼餅は卵とか具を挟んだ方が美味しそうです。


湯包 20元
大きすぎないサイズで、朝食にはぴったりです。大きめにカットしたキャベツや豚肉が詰まっていて、癖のない優しい味で美味しかったです。


飯丸(飯糰) 30元
小ぶりのサイズです。具は油條、煮卵、肉燥、小魚、漬物が入っています。香辛料の香りが私は苦手でした。


感動するような美味しさではなかったので、星は3つにしておきました。高雄の有名店なので一度は食べてみてもいいと思います。

【老店興隆居傳統早點美食】
 住所:高雄市前金區六合二路186號
  (市議会駅から徒歩3分)
 電話:07-261-6787
 営業時間:4:00~11:00(月曜定休)

高雄婆々冰 ★★★★

有名店の老舗カキ氷の店「高雄婆々冰」も、しっかりチェックしてきました。


観光客よりも地元の人が来ている印象でした。私が冷たいものが沢山食べられないので、メニューは厳選し、「最好吃」と書いてあるタロイモと紅豆(小豆)のかき氷(50元)をひとつ注文しました。


小豆バー好きの人にはたまらないであろう、小豆たっぷりかき氷です。


マンゴーかき氷で流行っている練乳入り氷ではなくて、昔ながらの氷をかいたタイプのかき氷でした。中にはシロップが入っているので、最後まで味が薄まることなく食べられます。


とにかく暑い夏の高雄旅行、これは立ち寄って正解でした。練乳入りの氷もありますので、注文可能です。私はこの昔っぽいかき氷が気に入りました。

【高雄婆々冰】
 住所:高雄市鹽埕區七賢三路135號
  (鹽埕埔駅から徒歩6分)
 電話:07-561-6567
 営業時間:9:00~0:00

古典玫瑰園 Tea & Art ★★★★

丘の上にある英国領事館の2階にある、イギリス貴族気分が味わえる、インテリアも茶器もすてきなカフェ「古典玫瑰園 Tea & Art」


すてきなカフェだったので、休憩も兼ねて入ってみました。テーブルもゆったりとした配置になっています。


メニューを見ていると、店員さんがオススメを教えてくれたので、その中から、ロイヤルミルクティーとフルーツティーを選びました。

ロイヤルミルクティー 180元
お茶とミルクのバランスがよくて、美味しかったです。ポットにたっぷり入っているので、ゆっくり楽しめます。ティーカップは薄造りで、口当たりがいいので、より美味しく感じました。


ローズハウスフルーツティ 180元
フルーツがたっぷり入っていて、フレッシュで美味しかったです。カクテルグラスのような形のグラスもお洒落で気分が上がります。

 
店内からも十分景色は楽しめますが、暑くなければベランダの席でティータイムもいいと思います。


【古典玫瑰園 Tea & Art】
 住所:高雄市鼓山區蓮海路20號
  (打狗英国領事館の2階にあります)
 電話:07-956-1069
 営業時間:火~金10:00~19:00、土日9:00~19:00(月曜定休)

密特先生Mr.Meat日式漢堡排専売 ★★★★★

インターネット情報で見つけた、美味しいというハンバーグの店がホテルのそばにあったので、最終日のランチに行ってみました。

開店少し前に着いたのですが、暑いからと中にいれてくれました。店内の写真を撮り忘れましたが、すっきりお洒落でこぎれいなお店です。

牛と豚のハンバーグがあります。ビーフの方がややお高め。ビーフのマッシュルームクリームソースとボークのデミグラスソースを注文しました。(日本語のメニューあります)


半熟目玉焼きのトッピングを聞かれたので、2人ともプラス、ついでにチーズのトッピングも追加しました。卵もチーズも、それぞれプラス30元です。

セットで、お茶、スープ、サラダ、小鉢がつきます。


サラダには、野菜の他にチキンや海藻が入っていて、ゴマドレ。好みです。


小鉢は日々変わりそうですが、この日は揚げ出しナスとお餅でした。日本の小鉢そのもので美味しい!


感動したのは、このスープ!出汁がきいてて美味しくて、身体に優しくしみわたります。


それもそのはず、しっかり出汁をとった形跡発見!!!


サイドメニューを食べ終えたころに、ハンバーグがやってきました。付け合わせにパンかライスか選べます。


ビーフハンバーグ マッシュルームクリームソース 370元
目玉焼き、チーズトッピング 60元

台湾の牛肉ではない味がすると思ったら、アメリカの牛肉を使っていると説明に書いてありました。肉!肉!という感じの、しっかりしたハンバーグです。トロトロ半熟の目玉焼きを割って、ソースと一緒にいただきます。

マッシュルームクリームソースは、濃厚で美味しかったです。チーズのトッピングはなくてもよかったかも。


ポークハンバーグ デミグラスソース 270元
目玉焼き、チーズトッピング 60元
ジューシーでとてもオススメです。台湾産の豚肉の厳選した部位を使っているそうで、ポークにすればよかったと思うくらい美味しかったです。付け合わせの色鮮やかな揚げ野菜も、名わき役としてしっかり働いています。


店主はスキンヘッドで少し強面ですが、優しく親切に対応してくれます。店員さんは皆さん感じがよかったです。最後に日本語で、ありがとうございましたーと言ってくれました。

【密特先生 日式漢堡排専売】
 住所:高雄市苓雅區林泉街67號
  (文化中心駅より徒歩13分)
 電話:07-722-7982
 営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00(火曜定休)

(おまけ)海味澎湖平價活海產 オススメしない度100%

インターネットの評判もグーグルマップの口コミも良かったので行ってみて、大失敗だった店もレポートしておきます。


ウニ炒飯が美味しいとの口コミを見て珍しいと思い、ホテルからも近かったので行ってみた「海味澎湖平價活海產」、最悪でした。

  • 排ガスだらけの中、外で食べるという立地
  • 人の話を聞かない、どこで待てばいいかも分からない接客
  • 価格非表示&価格に見合わない料理の質と量


海鮮や野菜が並んでいるので、選んで調理してもらうスタイルです。値段は書いていないので、確認する必要があります。


評判のウニ炒飯(250元)は油っぽくて、食べた後のお皿は油でギトギト、美味しくなかったです。なぜ評判がいいのか分かりませんでした。

他には牡蠣と海苔の炒め物(250元)と野菜の炒め物(150元)を注文しました。料理の質と量から考えると、半額が妥当です。

日本人の皆さん、台湾にはもっと安くて美味しいものが沢山ありますよ~

あまりに酷いので、最後に一言「高すぎる。旅行客用の値段でしょ?」と思わず言ってしまったほどです。マルコスは、私の突然の発言にビックリしていました。

とりあえず、まずは『高雄グルメ編』でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました