新年に向けて恒例の大片付けと「アニエスベー」

箸休め

こんにちは、台湾のゆっこです。

昨日の続きではなくて、
年末の恒例行事のひとつ、
大掃除ならぬ大片付け
話でもしようと思います。

マルコス一家は「物が捨てられない族」
というのは、
過去記事を読んでいただいている方は
もうお気づきだと思います。
(関連記事:台湾の【まとめ買い文化】弊害と対策を分解してみた

マルコスに至っては、
私がプレゼントした洋服のタグや
クッキーの空箱、
私がマルコス母に書いた置手紙など
思い出が少しでも詰まっているものは
捨てられないタイプです。

私にとっては、
いや、大多数の人にとっては
タグもクッキーの箱もゴミ
置き手紙に至っては、
マルコス、あなた関係ないよね

スポンサーリンク


ということで、これら細かいものは
隙を見てこっそり捨てているのですが
問題なのはマルコスの服と本。

どう考えても今後着ないだろう、
きっと記憶にもないだろうという服が
山ほどあるんです。

かなり色あせたTシャツたち、
いつ着るんだというポロシャツたち、
襟がテロンテロンになったニットたち、
ま紫にITALIAと書かれた強烈なシャツ、
などなど…

要らないよね。

ということで、平日の昼間に
要らなそうな服をピックアップして
袋に放り込んであったものを
今日、マルコスに確認してもらって
だいぶ処分に成功しました。

それでも、これはレスキューと言って
何着かはクローゼットに逆戻り。

私が自分の服を選別した袋もチェックして
これもあれもゆっこに似合うのに
惜しいね、
と寂しそうな顔をしていました。

どうやら、私の夫は

断捨離できない男選手権優勝候補

のようです。

私も妙に執着してしまうものがあるので
少しは気持ちが分かりますけどね。

さて、今年は私も知恵をつけて
台湾版メルカリ「Carousell」
もう着ないキレイな状態の服や
カバンを売ってみることにしました。

中でも、どうしてこんなカバンを台湾に
運んだんだ?というアニエスベーの
トートバッグが一番の掘り出し物でした。

25年前くらいに母にプレゼントした
はずのカバンです。



わりと状態も良くて
今はもう販売していない商品なので
アニエスベーマニアの方がいたら
買ってくれるかなーと思って
Carousellに1200元くらいで載せてみました。

他にも数点アップしたところで
英語だけよりは中国語併記の方がいいかも
と思い直し、マルコスに中国語をつけてと
お願いしたら、
全部価格設定が安すぎる!
と相場を調べだし
すっかり仕事モードに。

アニエスのカバンは5980元に修正。

それでも安いくらいだと言っています。

本当かいな。

いくらだったか覚えてないけど
高校時代に買ったものだから
1万円未満で買ったと思うんだけどな。

誰が買ってくれるのだ?

ま、とりあえずしばらく様子を見て
売れたら美味しいもの食べに行けるな♪

あ、アニエスのカバンは
購入希望であればブログでも
受け付けますので
よろしくお願いします!!

コメント

  1. メイフェ より:

    断捨離できない男選手権優勝候補、爆笑!!!
    でもゆっこさんとの思い出のものはどんなものでも取っておきたいって
    私ちょっと感動しちゃいました。
    なんて愛されているんでしょう~羨ましい♪

    台湾版メルカリ。私も台湾に戻って隔離の間に
    少し断捨離でもしようかなと思っていたので
    アニエスがどれぐらいで売れたのか是非是非アップしてくださいね!笑。

    • 台湾のゆっこ より:

      メイフェさん

      アニエス、もっと安く売ってもいいんですけどね。
      今のところ買い手なしです。
      断捨離できない男は意外と値を吊り上げるタイプだと
      いうことが分かりましたw
      売れたらレポしますね!
      いつまでも家にあるのが煩わしいので
      値下げしてこっそり売ってしまおうかな~(笑)
      隔離の間に家の整理、いいですね!
      なかなかそんなに家にいることもないし、絶好のチャンスですね!

タイトルとURLをコピーしました