1年が経って。。。

体験談

久しぶりの投稿です。こんにちは、台湾のゆっこです。

2018年1月に夫マルコスと出逢い、”予想外の波が来たぞ!”と乗ってみたら、あっという間に結婚&引っ越し、そして、この10月で台湾での生活も1年が過ぎました。

ということで、この1年をざっくりと振り返ってみようと思います。

私の場合、名古屋で一人暮らしをしていたので、務めて13年目になる会社を辞め、荷物を整理してまずは実家の横浜に引っ越しました。このときにメルカリを初めて使いましたが、慣れればとても良くできたシステムで、大いに活用しました。売り買いのようなことは経験がなかったので、勉強にもなりましたし、自分には必要なくても、誰かの役に立つものって案外沢山あることを知りました。ちょっとした費用捻出も出来て助かりました!

横浜に引っ越してからは、台湾へのフライトの日まで、本籍変更や役所での諸々の手続き、パスポート更新、ビザ取得、荷物の船便輸送などを、追われるように順番にこなしました。

本籍が変わるとパスポートの更新が必要で、番号も変わることを皆さんご存知ですか?私は知りませんでした。ビザ取得までに計算外の日数が掛かることを知ったときは焦りました。ビザ取得には新しいパスポート番号が必要です。通常の手続き所要日数ではフライトの日に間に合いません。そこで、まるで仕事のように各所に色々な手続きを早めて貰うように交渉をして、本当にギリギリのフライトの前日にビザを取得しました。(ビザ取得や海外引越は、別トピックでまとめる予定です)

一方、台湾に引っ越す前に、マルコスと家族がウェディングフォトのお店と結婚式会場を探して、既に予約してくれていました。まだ台湾に引っ越してもいないのに随分と早く手配しているな、と思ったものです。しかし、気合の入ったウェディングフォトを撮り、それを招待状に使い、結婚式では”これでもか!”というくらいにスクリーンで流すというのが台湾流なのを知った今は納得です。

とうわけで、引っ越して最初の大きなイベントは11月半ばの丸1日掛けてのウェディングフォト撮影でした。撮影場所はマルコス母の故郷、九份でした。九份と言ってもあの有名な観光地で撮影したわけではありません。九份には他にも色々な素敵な場所があります。ドレスは3着、4ヶ所に移動しての撮影でした。ドレスを着替える度にヘアメイクを替えるので時間が掛かかります。夕方暗くなるまで撮影しました。当日はヘトヘトになりましたが、今となっては良い思い出です。(台湾のウェディングフォトについても後日詳しくアップします)

九份の山の上の方、ススキの景色で撮ったウェディングフォト

11月末には日本から初めて友人夫妻が遊びに来てくれました。初めての案内だったので、マルコスも私も気合が入り、スケジュールを詰めすぎてしまって夜中まであちこち連れ回してしまいました。その後、この1年で11組の友人が遊びに来てくれました。少しずつ、ツアーガイドも慣れてきてコツが掴めてきました。

そして、なんと言ってもこの1年で最大のイベントは今年3月の結婚式でした。日本とはまるで違う台湾の結婚式です。時間通りには始まらないし、ゲスト総勢200人!台湾では普通の人数らしいです。その内の半分はマルコスの親戚と、マルコス母の友人でした。日本で親の友人を何十人も招待しませんよね。親のための結婚式という意味合いも強いのだと思います。台湾ではどういう式にするかは主役次第。ただの飲み会のような結婚式も沢山あるそうです。私達はゲストの方に楽しんでもらおうと、色々とプランを立てたので、3月までは式の準備で忙しかったです。ダンスの披露もしたので、その練習が一番大変でした。長くなりそうなので、結婚式の準備や当日の話はまた詳しく投稿しようと思います。

私が両親と入場した時。ゲストの方の服装はカジュアルです。

挙式の後、5月は新婚旅行で20年越しの願いがかないイタリアへ、帰ってきて6月は免許の更新の為に日本へ、と台湾に引っ越して以来初めて台湾を離れました。3月の挙式から気が緩み、6月までの3ヶ月間で7kgも太りました。。。イタリアでは毎日ワインを飲んでチーズや肉やパスタや大好物を食べていましたから。。。でも、私に増量のポテンシャルがこんなにあるとは知りませんでした。おかげで、日本から持ってきた服が入らなくなり、少しの服を着回す羽目になりました。

日本から帰ってきてから、サボっていた中国語の勉強を再開したり、ブログを書き始めたりと、今では日常生活らしい生活を送っています。引っ越した当初はビックリしていた道端で自由に過ごす犬たちにも慣れました。台湾では飼い主はいても、外で自由に散歩したりお昼寝したりしている犬が多いです。穏やかな犬が多い気がします。

自分で道路を渡ってお散歩する近所の犬

人生は何かが動くときには、波に運ばれるようにスムーズにある場所に着地していたりします。逆に思うように進まない場合は、無理に動かないことです。動かない方がいい理由があるから、進まないんだと思います。

今回のマルコスの波は、久しぶりの大きな波でした。前に霊感の強いおばさんに、私は直感力が優れているから、直感に従っていいタイプ、素直に従うように言われたことがあります。振り返ると、子供の頃から不思議なことがあったので、私は直感波乗りタイプだと信じてこれからもどんどん良さげな波には乗って行こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました