夜王boy34週の健診|相変わらず頭デカい!けど大丈夫な理由

台湾で出産・子育て(43歳初産婦)

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾では28週(8ヵ月)から、健診頻度が2週間に1度になりますが、中秋節の連休と被ってしまったため、今回は3週間ぶりの健診となりました。

夜王boy34週です。

毎日の力強い胎動で予想はしていましたが、夜王boyはすくすくと成長しておりました。

相変わらずの頭でっかちなボディバランス、

頭+1w3d
+5d
脚-1w1d

上の数字は健診当日34w3dに対してのプラスマイナスの日数です。

頭と脚の差が2w4dあるということ。

おいおい、アンバランスbodyよ!



さらにエコー写真をよく見ると、頭の直径がすでに9cmとな!

子宮口の全開大って10cmですよね?赤ちゃんは頭蓋骨にすき間があるとはいえ、通れるのか???

と思っていたのですが、ちょうど今朝トツキトオカというアプリのメッセージにこんなことが書いてありました。

「大脳がシワを刻みながら表面積を広げてきたが、このペースだと頭が大きくなりすぎて産道を通るのが困難になるから、発達のペースをおとしていく」

ほぉ、そういうことなら大丈夫そうですね。

司令塔の脳から成長していくというのは、なるほど納得です。

次回の健診では、もう少しバランスよくなっているかな。

スポンサーリンク



私の友人の一人が、第一子出産時に産道が裂けてしまったので、出産直後に縫ったのだけど、産むときよりも痛かったと恐ろしい体験をシェアしてくれました。

会陰切開もガッツリしたらしいです。

痛い、痛いよ…

考えるのやめた方がよさそう。

彼女いわく、痛かったけどすぐに忘れるらしいです。
その後2人の女の子を産み、今では3人の女の子の母ですから、本当に忘れちゃうんでしょうね。

母ってすごい!

女ってすごい!

ま、それでも夜王boyの頭がこれ以上大きくなりませんようにと、母は願っておりますよ。



総合病院に移ってからの夜王boyは3回とも顔面ガッチリガード。

しばらく顔を見ていません。

優しい穏やかな声の女性のお医者さんから、声が大きいオジサンのお医者さんに変わったので、夜王も警戒しているのかしら…

オジサン医師はいつも大きな声でエコー中に赤ちゃん言葉を使って解説してくれるものだから、私も少しだけ中国語の赤ちゃん言葉を覚えました。

ベテランでとても人気のオジサン医師、本当に赤ちゃんや子供が好きなんだろうな~という雰囲気が言葉が分からなくても伝わってきます。

そろそろ出産の準備をするようにと釘を刺されたので、今週末にはカバンにまとめておかなければ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました