日本に帰りたい!でも帰れない!そんな現実を考えた日

未分類

こんにちは、台湾のゆっこです。

私は軽く嵐ファンです。



嵐の中でも、軽い大野ファンの一人であります。

彼は、歌、ダンス、芝居、芸術と幅広い才能の持ち主です。

それなのに、飾らない、控えめなキャラ。

そんな才能と雰囲気に半ば憧れて、ファンになりました。

当然ながら、インスタフォローもしているわけですが、
昨日は嬉しくも悲しいニュースを目にしました。

FREESTYLE 2020 大野智 作品展

絵を描き続けてきた大野くんの、集大成的な個展開催の発表です。

おお~、素敵な企画!

開催期間:2020年9月9日(水)~11月8日(日)

Oh,no… 帰れそうもないよ…

大野くんの緻密に描かれた作品を、生で見てみたかった。

東京ではコロナ感染者が再び増えているとニュースで目にするし、
年内に日本に帰るのは、かなり厳しそうです。

そもそも、台湾から出ること自体がかなり難しいのが現状です。

台湾では、海外流入以外の、国内コロナ感染者ゼロが、3カ月も続いています。

マスク着用、消毒、検温が必須の場所もまだまだ多いですが、
日常生活を送るうえで、それほど不便も危険も感じません。

今回は、個展を観に行きたい!という贅沢な願望が叶わないだけです。

では、1人暮らしの母に何かあったとしたら?

命の危機でなくても、大けがをして助けが必要になったとしたら?

私が名古屋に住んでいたときに、母がゴルフ場で事故にあったことを思い出しました。

顔面を地面に強打し、それこそお岩さんのように腫れあがってしまったのです。

あのときは、母からの電話のあとに、すぐに上司に事情を説明して、翌日には横浜の実家に帰り、しばらく母の身の回りの世話をすることが出来ました。

台湾という、すぐ隣の国。

帰ろうと思ったら、半日あれば帰れるはずの距離なのに、それが叶わない。

未知なる病原体により、急激に変わり果てた世界が、一日でも早く元に戻ることを願ってやみません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました