日本に帰国し、忘れていた特技がよみがえる

箸休め

こんにちは、台湾のゆっこです。

私には、子供のころからの特技があります。

それは、探し物を見つけること。

家族がどこにしまったか忘れたり、どこかに置きっぱなして所在が分からなくなったものを見つけるのが非常にうまいのです。

家族が数日かけても見つからなかったものが、なぜか私が探すと5分で見つかります。

どういうわけか、「ここでは?」と勘が働くので、どうやって探したのかと聞かれても自分では説明ができません。

日本に帰国してから、この特技を生かす場面があり、能力がよみがえった感じがします。

現に、母がどこにやったか分からなくなったものを既に二つ探し当てています。

スポンサーリンク



ひとつ目は、太郎が生まれてから申し込みをしたcoopからのベビー用品一式プレゼントです。

台湾で申し込みをし、日本の実家に届くようにしていました。

荷物が届いたときに、母が中身の写メを送ってくれて、おしりふきが入っていたのを覚えていたので、あてにしていました。

荷物を減らすために、余分にはもってきていなかったので、coopのおしりふきがどこかと母に尋ねると、記憶があやふやでどこにしまったのか覚えていません。

あるとしたらここだと探している場所にも見当たらない様子です。

そもそも、おしりふきが入っていたことも忘れている母。

母が送ってくれた写メを確認すると、確かに「おしりふき」があります。



どこだ~おしりふき~

太郎のおしりをふかせておくれ~

そこで、私が探してみると、coopの段ボールに入ったまま押し入れの一角に収まっているのが見つかりました。



二つ目は、母の手帳です。

その日にあったことや行った場所、お客さんに出した料理などをメモ書き程度に記録している薄いピンクの手帳が見当たらなくなってから、3週間近く経っていました。

私と太郎が帰国してからの記録がすっぽり抜けていて、「肝心なときに書いてないー」と昨日もリビングのあちこちの引き出しや棚の中、自分の部屋などを探していました。

そんなに見つからないのか、
ならば私が探してみるかな。

急に探してみようと思い、太郎にご飯をあげていたのですが、母に交代してもらい、薄いピンクの手帳を探し始めました。

リビングの目ぼしいエリアを探してみて、ここにはなさそうだと、今度は母の部屋へ。

サラッと見回して、軽く探しているとふと目に留まった、裁縫に使う布の切れ端などが入った

持ち上げると、下にピンクの薄い手帳がありました。

持って1階に降ります。

母「あったの!?」
ゆっこ「ふふふ、これかい?」
母「えーーー!どこにあったの~?こんなに早く見つかるなんて!」

太郎のご飯もまだ終わらないうちに見つけて戻ってきたので、母もビックリしていました。

5分も経っていませんでした。



しかし、この特技、他人の役には立ちますが、己の役には立ちません

自分のものを無くしたときは、どんなに探しても見つからないという悲しい事実。

沢山のものが見つからずじまいになっています。

特殊能力は人のために使ってこそ、ということで、これからも他人の探し物を見つけることにいたします。

探し物はなんですか?

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました