正濱漁港色彩屋|個性的なコーヒーが飲めるカフェ【Ruth Coffee】

基隆を旅する

 

2023年3月31日までの期間限定キャンペーン

2023年3月31日までの期間限定キャンペーン


こんにちは、台湾のゆっこです。

基隆のベネチア「正濱漁港色彩屋」散策の続きです。

カラフルな建物に近づいてみると、建物自体は古いですが外壁がキレイに塗られていて、中はリノベーションされたカフェやレストランが入っていました。



一番奥まで歩いてどんなお店があるのか様子を見ます。
ブラウニー専門店も気になるし、



外にテーブルが出ていて賑わっているカフェも気になりました。(写真は人を外して撮っています)



結局、店内が広くてベビーカーで入りやすい一番手前の「Ruth Coffee」に入ることにしました。



壁のRuthという看板がお洒落です。



右の水色の壁の入り口から店内に入ります。



とても感じのいい若い女性の店員さんが対応してくださいました。



コーヒーの麻袋が沢山置かれていて、



奥にはなにやらマシーンも置いてあります。
よく分かりませんが、焙煎でもするのでしょうか。



メニューです。



左上の「珈琲」機械で淹れるコーヒー
右の「手沖珈琲」人が淹れるコーヒーで、色々なフレーバーがあって面白そうなので、マルコスも私も右から選びました。

コーヒーの特徴を見ていて気になったのが、「葡萄酒感」
なになに、ワイン風味のコーヒーですと!
ということで、迷いなく選びました。



そして、運ばれてきたワイン風味のコーヒーです。



カップと小さなグラスに同じコーヒーが入っています。

温度の違いによるコーヒーの風味の違いを楽しむのだそうです。

飲んでみると、とても珍しい香りと味のコーヒーでした。

ワインというより、ウィスキーのような香りがしました。(好みは分かれると思いますが、私は好きでした)

マルコスは違うコーヒーを注文したのですが(どれだか忘れました)、全く違う香りと味でした。

コーヒー通ならもっと表現しようがありそうですが、こだわりのカフェという感じでした。



せっかくなので、ケーキも注文しちゃいます。

マルコスはチーズケーキです。
上にキャラメルソースがたっぷりとかかった、甘めのチーズケーキでした。
(キャラメルソースはない方が美味しいかも)



私はティラミスを注文しました。
その場で作っていたので、出てくるまでに時間が掛かりました。
食べてみると、こちらもお酒の味がしました。
スポンジにお酒を染み込ませているそうで、コーヒーとダブルでお酒の香りを楽しみました。(授乳しているけど、少しなら問題あるまい)



コーヒー豆の販売もしているので、コーヒーが気に入ったら買うこともできます。



二階のトイレを借りるのに上がってみると、古い建物がそのままという感じでした。階段は手すりがないので、ちょっと怖かったです。(高所恐怖症)



Ruth Coffeeではこんな可愛らしい瓶のビールも売っています。
海を見ながらグビッとプハッと、最高ですね。



店員さんが、夏の方がイベントもあって賑わっていて楽しいと言っていました。

1月の平日だったので、もろにオフシーズンだったようで、お店も改装中だったり、閉まっていたりだったのも納得です。

私たちは1歳児連れだったので、人が少なくてちょうどよかったですが、夏のワイワイしている時期も楽しそうなので、また来てみたいと思いました。

ちなみに、マルコスはこの日「郵便を出す」という任務があったので、私と太郎がRuthでゆっくりとしている間に、駐車場まで走り書類を取りに行き、郵便局まで走るというエクササイズを行っていました。

運動不足の身体にムチ打ったせいで、翌日は筋肉痛というお土産つきでした。

帰るころには日も沈んできて、灯りがついて幻想的な雰囲気に。
基隆旅行でお天気がよければ、少し脚を伸ばして正濱漁港でコーヒーブレイクもいいですね。



【Ruth Coffee Roasters】
基隆市中正區中正路559-2號漁港岸邊號地下層
02-2422-6581

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました