警察に異議申し立てをした話の続き

台湾の日常・家族

 

2023年3月31日までの期間限定キャンペーン

2023年3月31日までの期間限定キャンペーン

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾の中ではとても善良なドライバーのマルコスが、警察からいわれのない交通違反切符を送られ、納得がいかなかったので異議申し立てをしました。



あれから約10日が経過し、今度はこんな手紙が届きました。



交通部の基隆分署から、違反切符を切った新北市の警察局に対して送った書類のコピーです。

内容は「マルコス君の申し立てについて調査をするように」というもの。

調査の結果、警察局が「やっぱり違反だ!」と決定した場合、連絡から30日以内に罰金を収めないと、追加で罰金があるようです。

スポンサーリンク



それにしても、「マルコス君」という呼び方がなんだかオモシロイです。

台湾では「君」はより正式な場で用いる敬称だそうです。

日本だと、大人に「君」を使う場面と言えば、ジャニーズが先輩を呼ぶとき国会ですよね。

ジャニーズはさておき、国会で男女年齢問わず「〇〇君」と呼び合うのは、参議院の規則なのだそうです。

右ならえで、衆議院でも「君」が使われています。

現代人にとっては、何だか軽く聞こえる「君」ですが、語源は「君主」「主君」。

身分問わず互いに敬い、対等に意見を交換しやすい雰囲気を作るために、かの吉田松陰が考え出した敬称だと言われています。



かなり話が脱線して、歴史の勉強みたくなってしまいました。

さてさて、これで違反だと連絡がきたら警察なんて信用できなくなります。

どんな連絡がくるのやら。

また動きがあったら、このブログで報告します。

お願い!

警察よ!まともであれ!

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました