【台湾の生活】母の日はスタバのケーキでサプライズ!でも…

台湾の文化・生活

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾も5月の第2日曜は「母の日」で、日頃お世話になっているお母さんに、プレゼントをしたり、食事に行ったりします。カレンダーにも「母親節(ムゥチンジェ Mǔqīn jié)」と書いてあります。


マルコス母はプレゼントをもらうより一緒に食事に行きたいタイプ、ということで、去年は家族で食事をしてから映画を観に行きました。今年はコロナを考慮して、マルコスとマルコス姉の発案で、スターバックスの母の日特別仕様のケーキでサプライズをすることにしました。

色々なケーキがありましたが、みんなが好きなタロイモのタルトをチョイス。母の日の週末の受け取りは予約がいっぱいだったので、少し早いですが木曜日に受け取ることになりました。

木曜日、マルコスが仕事終わりの22時くらいにスタバにケーキを取りに行きます。大抵マルコス母はこの時間帯は自分の部屋にいるので、こっそり持ち帰り冷蔵庫に隠すというプランです。

しかし、この日に限ってマルコスが帰ると同時に、部屋から出てきて話をしだすマルコス母。とりあえず、玄関にケーキの箱を置きっぱなしにしてバレないように過ごすマルコス。

しばらく話をして、部屋に戻ったマルコス母。

様子を見て、出てこなそうなのを確認して、ケーキをこっそり冷蔵庫に隠します。

翌日はひと月に2回ある「拜拜(祈り)の日」で、フルーツを神棚にお供えする特別な日でした。そこで、野菜室の引き出しの下にあったフルーツを上に移し、ケーキを下に忍ばせることにしました。


ケーキの箱に「謝謝老媽(ありがとうお母さん)」と書いて、それぞれサインをします。

”媽媽ではなくて、老媽?”と思った方もいるかもしれません。

この場合の「老」は、古いとか老いているという意味ではなくて、親しみや尊敬の意がこもっていて、特に家族など近しい人がお母さんを「老媽」と呼んだりします。”老いたお母さん”では切なすぎますね。先生は中国語では「老師」です。なんとなくイメージが伝わるでしょうか。


さて、ケーキを置いたら、葉物野菜を紙に包んでしまう習慣があるのを利用して、白い紙を上に載せて隠します。


最後に、フルーツを移動させた上の段で隠して完了です。


こうして、金曜日は無事にバレずに済み、土曜日の朝…

誰よりも早く起き、朝市で買い物をして帰ってきたマルコス母。ちょうどその音で私たちも起きます。そして、買ってきた野菜を冷蔵庫にしまうときに、マルコス母はようやくケーキに気づきました。とても嬉しそうなマルコス母。こちらも嬉しくなります。

と、ここまではサプライズ作戦成功と思われたのですが、ここで初めて賞味期限を確認すると、なんと4日間日持ちするケーキのはずが、受け取った日が賞味期限になっていることに気づきました。木曜日に取りに行く予約をして、木曜日が賞味期限のケーキを渡すなんてありえない!


中身を確認します。色も形もとてもきれいなケーキで、それだけに少し残念です。


私は決してクレーマーではないですが、ビジネスとしてあり得ないと思うことはきちんと伝えるタイプです。何も伝えないと気付いてもらえないし、企業も向上しないと思うからです。幸い、マルコスも同じタイプ。

そこで、マルコスが早速スターバックスに連絡をすると、さすがの対応でした。不快な思いをさせて申し訳なかったというお詫びの言葉があり、代金を全額返金してくれることになりました。更に、同じタロイモタルトの一人分サイズをお詫びにと頂きました。

お詫びの小さなタロイモタルト


この手のケーキは鮮度が命ですが、味見をしたら痛んでいなかったので土曜日に美味しく頂きました。ゴロゴロしたタロイモ自体の食感もあり、プリンまで中に入っている、甘すぎない美味しいケーキでした。

サイズは6インチ(15cmくらい)なので、4人で分けても大きすぎるくらいのサイズです。ケーキの下にはとりわけ用のプレート、フォーク、ケーキカッター付きサーバー、ろうそくまで入っていたので、手間いらずでした。(写真は撮り忘れました)


少し古いケーキを無料で食べたという、ラッキー7割、残念3割な母の日のサプライズケーキ作戦となりました。ラッキーが勝っているから、結果オーライです。


母の日当日の日曜日は、改めてfoodpandaで麺類や飲み物、色々なフライをデリバリーして、自宅でクーラーの元、らくちん快適ランチをしました。


賞味期限といえば、先日コンビニで買ったタロイモのロールケーキが賞味期限を1日過ぎただけなのに、酸っぱくなっていました。(タロイモがやたらと登場)

マルコスは何の疑いも持たずに食べていましたが、マルコスのあとに一口食べた私は味の異変に気づきました。私も鈍感な方なので、マルコス姉にも確認してもらうと、これはかなり酸っぱいと出していました。

お腹は壊さなかったようですが、マルコスの舌のセンサーは壊れてるのだろうか。

普段はそれほど賞味期限を気にしませんが、台湾は暑い国なので、いつもより少しだけ賞味期限に敏感になった方がいいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました