【台湾の文化】嫁と姑の関係について

台湾の文化・生活

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾に引っ越してから3カ月くらい経ったある日、結婚式の招待状を、台北に住む知り合いに手渡しするついでに、ランチに誘った時のことです。

知り合いというのは、台北で宿を経営している台湾人の女性で、元々は母を通じて知り合いました。初めての台湾人の友人ともいえる人で、マルコスと結婚して台湾に引っ越す報告をしたときも喜んでくれました。日本語もペラペラなので、とても頼りにしている人です。

そんな彼女とランチをしながら結婚式の日取りの報告をしつつ、色々と話していたら、度々マルコス母のことを聞かれました。初めは聞かれるままに答えていたのですが、段々と彼女の思惑が分かってきました。

どうやら私が彼女をランチに誘ったのは、マルコス母との関係について何か相談があるからだと思っていたようです。

この日は雨だったので、マルコス母が最寄りの駅まで車で送ってくれたというと、そんなに大事にしてくれているなら大丈夫と安心した様子でした。

彼女の話によると、日本と同様に台湾にも嫁姑問題というのがあるらしく、結婚して夫の家族と住むパターンがまだまだ多い台湾では、姑が家のルールを厳しく嫁にしつけたりするので、嫁は大変な思いをするのだそうです。

実際に彼女の弟家族とご両親が一緒に住んでいて、厳しい母親に義理の妹が苦労しているのだとか。特にキッチン周りで事件が起きがちだそうです。料理や食器の片づけ方など、色々と口うるさい姑と我慢して従う嫁、みたいな構図でしょうか。


そう言われて、改めてマルコス母になにか注意されたことがあるだろうか…と思い返してみました。

引っ越したばかりのときにビショビショに濡れたグラスをそのままシンク脇に置いたら、布巾の上に置くと下が濡れないよ、という当たり前のことをジェスチャーで教えられました。

かといって、マルコス母が普段そんなに神経質に水滴を気にしているかというと、ビショビショにしていることもあるので、たまたま気になっただけなのか、もう少し気を遣おうねということだったのか分かりませんが、いずれにしても、その一度きりでした。

むしろ、私の方が要望ややり方を伝えて、それを聞いてもらっていることは沢山あります。

引っ越して直ぐに、元々置いてあったガラスのまな板を使うと私のお気に入りの包丁の刃がこぼれたので、マルコス母にこのまな板は良くないと伝えてて木のまな板を買ってもらいました。(今ではガラスのまな板は電気ポットの下に敷かれています)

キッチン周りでは他にも、マルコス一家は電気釜のスイッチを切ってご飯を入れたままにして翌日の昼に食べるという習慣があったのですが、ご飯は水滴で美味しくなくなるし、不衛生だし、釜自体にも良くないし、Gがくるということで、ラップして冷凍する習慣に変えました。

また、菜箸がなくて料理がしにくかったので買ってきてくれたのですが、とても長くて重たい菜箸だったので、一緒に市場に行ったときにあれは長すぎて重いからと、ちょうどいいサイズのものを買ってもらいました。

冷蔵庫や冷凍庫にものが沢山詰まっていて、一番奥や底を見たことがない状態だったので、ある日に色々と取り出して聞いてみると何年も前のものだったりしたので、捨てて整理しました。

料理は台湾料理を教えてもらうこともあれば、マルコス母のやり方より美味しく作れるものは、ちょっと待って~ととめて、この方がいいと伝えることもあります。そんなときは、そうなのねと聞いてくれるか、任せてくれます。人のやり方を止めるって失礼なのに、優しいマルコス母です。

室井さん、キッチンで事件は起きていません。



次に掃除に関してです。私が引っ越した当初はシートを変えるタイプのモップで、ドライシートでごみを取ったあとにウェットシートで水拭きをするという床掃除を、数週間に一度だけしていたそうですが、それではきれい好きでハウスダストアレルギー持ちの私にとっては頻度が少なすぎます。しかし、頻繁に掃除するにシートを使うのは不経済だと思い、掃除機はあるかと聞くとマルコス母の部屋に眠っている日立の掃除機がありました。

床は白っぽいタイルなので、ただでさえ汚れが目立つ上に、当時は猫もいたので、掃除機を手に入れた私はすぐに毎朝の床掃除が日課になりました。モップも使い捨てじゃないタイプのものを買ってきてくれたので、それで水拭きもできます。

引っ越した当時は、キッチンは外の扱いなのかと思うくらい床掃除がされていないエリアだったのですが、いつの間にか私がリビングや自分の部屋の掃除をするときに、マルコス母がキッチンの床を掃除するようになり、今では朝の掃除が2人の日課になっています。

室井さん、掃除でも事件は起きていません。


マルコス母は友達が多いタイプで、ランチや買い物に出かけたりすることもしばしばあります。そんなときは、私にも声をかけてくれたりします。時間があって行きたいときは連れて行ってもらうし、やりたいことがあったり疲れているときは断ります。決して無理強いはしません。

マルコス母たちの会話は中国語ではなくて台湾語のときもあり、さっぱり分からないですが、美味しいものを食べられて、行ったことがない場所にも行けて、文化も学べたりして楽しいです。(台湾語は台湾独自の言語です)

季節の行事など行ったことがない場所に出かける情報をキャッチすると、私も行きたいと言って連れて行ってもらうこともあります。

室井さん、外でも事件は起きていません


マルコス母は洋服持ちでもあるので、若いときに着ていた洋服を私に沢山くれます。マルコス姉は背が高いのでサイズがあわないため、私に着せようとするきらいがあります。好みなのにきつくて入らなかったワンピースは、洋服のお直しに連れて行ってくれました。

もらった服の中で一番のお気に入りがこちらのレトロデザインのシャツです。これはかなりツボりました。


室井さん、事件はどこで起きてるんですか?!


このように、我が家では嫁姑問題は特に起きていません。マルコスが優しさの塊なので、なるほど、その母も優しさの塊です。

他の家庭の事情をこちらから尋ねることはないので分かりませんが、これから台湾に長年住むうちに、嫁姑問題の話を耳にする日も来るのでしょうか。これはプライベートな案件なので、調査を積極的に進めるのは難しいですが、今後も注目していこうと思います。

私がマルコス母と逆の立場だったら、生意気な嫁だと思うかもしれません。心が広くて優しい義母で、私は幸せです。逆に、台北の友人の母のような人が義母だったら、どうなっていたのか。

室井さん、事件は”毎日”現場で起きてるんだ!

という状態だったでしょう。ぞっとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました