BCG接種の確認が【ゆるくて】とても台湾らしかった話

台湾で出産・子育て(43歳初産婦)

こんにちは、台湾のゆっこです。

今年の夏、日本に帰国したときに、太郎は日本でBCGワクチンを打っています



先日、1歳の健診に病院に行ったときに、BCGの接種記録がないと言われました。

日本で打ったと伝えると、証明できる書類か何かで衛生所(保健所)に接種済みと登録しておかないと、衛生所からずーーーっと問い合わせがくると言われました。

それはちょっと面倒だと思い、日本の母に連絡をして、母子手帳の接種済みのページを写メして送ってもらいました。



年が令和表記だけどなんとかなるだろう。

証明書はないから、とりあえずこれでトライしよう。



「写メなんかでいいの?」と言う母に、
「台湾だから大丈夫なんじゃないかな」と答える私。

マルコスが時間のあるときに衛生所に行ってもらおうと、LINEで写メを転送しました。

そんなやり取りをしていたある日、ちょうど衛生所から「BCGがまだだけど~」とマルコスに電話がありました。

マルコスが口頭で、日本で接種したと伝えると「それならOK~」

以上!



え…

電話だけでいいの?

何の確認もなしに、いえ、口頭では確認されましたけど、思っていたよりずっとゆるく解決してしまいました。

さすが台湾。


最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました