【台湾ニュース】1カ月前に送ったハガキが日本に届かない

台湾ニュース
スポンサーリンク

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾が3/21に全世界の渡航警戒レベルを最高レベル3級「警告(Warning):現地への不要な旅行を全て避ける へと引き上げてから、1週間が経ちました。

世界でも注目されるほどのコロナ対策をとってきた台湾。しかし、ここ10日くらいで急に感染者が増え、28日時点で感染者267名、死者2名となっています。

なぜか?

海外渡航者が感染し、台湾に持ち込んだからです。仕事や就学が目的の人もいれば、観光が目的だった人もいます。(観光は勘弁しておくれよ…)

一方、国際郵便を介してのウィルス感染対策も強化されています。中華郵政(台湾の郵便局)は3/24時点で103か国の国や地域への航空郵便物の取り扱いを停止しています。

日本は対象外なので、国際郵便の輸送可能です。

ですが、2月末くらいに台湾の郵便局から日本に送ったハガキが、1カ月経った今も届いていません

送った当日に、郵便局で「今はエアーメールも届くまでに時間が掛かりますが大丈夫ですか?」と聞かれました。

急ぎのものでもないので、そのまま切手を買いエアメール用の赤いポストに投函しました。

普段は1週間くらいで届くので、せいぜい2週間くらいで届くかなと思っていましたが、甘かったです。

台湾を出るときに消毒をしたり、国際便が減ったりしているのでそれが影響していると考えられます。

また、日本の郵便局のホームページを確認したら、「航空便の運休に伴う郵便物等の遅延地域の一覧」に、私が送ったハガキの送り先も含まれていました。

過去に差出人(私)の名前も宛先(母)の名前も書き忘れて送った段ボールは届いたし、友人が送ってくれたair mailとも台湾とも書かれていない年賀状も予定より2週間くらい遅れて届きました。(国名が書かれていないのに調べてくれた郵便局員さんに感謝!)

私が何かもっと致命的なミスをした可能性は大いにありますが、気長に届くのを待ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました