【台湾ニュース】記録更新中~8日連続で新規感染者ゼロ!(5月15日)

台湾ニュース

こんにちは、台湾のゆっこです。

今日は久しぶりにコロナの話題です。

台湾では5/15で、新規感染者ゼロを8日連続達成しました。今まで連続6日が最長でしたが、今回は新記録を更新しています。

合計感染者数は440人(内海外流入349人、国内感染55人、軍艦集団感染36人)、死亡7人、隔離解除387人となっています。

おなじみの中央流行疫情指揮中心の会見では、陳時中指揮官の前に8個のグァバが並べられていました。グァバは中国語で「芭楽(バールァ Bā lè)」なので、「八(バー Bā)」と発音でかけている台湾風シャレを交えて新記録更新を報告という、なんともかわいらしい演出です。


国内感染者(海外流入と軍艦集団感染以外)は、33日連続で0人となっています。つまり、国内で感染者が出歩いていない可能性がかなり高いと思われます。

ここまでコロナを抑え込んではいますが、会見では手洗いや咳エチケットを怠らないように再度意識付けを促したり、社会的距離を維持できない電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合はマスクをするようにと言っていました。

加えて、海外から帰国する際の14日間の在宅検疫や、発熱、咳などの症状があった場合は直ちに報告するようにと、引き続き今までの対策を続けるようにとの話もありました。


先日、バスに乗ったときには乗客は文字通り”全員”マスクをつけていました。


それもそのはず、車内にはこんな張り紙がありました。


『即日(4/3)から、マスクをつけずに乗車したい人は、運転手に納得のいく説明をしてください。4/6からは、マスク装着の要求に応じない場合は、乗車を拒否される上に感染症予防法第70条により3000元~15,000元の罰金が科せられます。もし、極めて違法な行為があった場合は、社会秩序維持法に基づき警察に通報します。』

と、なかなか厳しいことが書いてあります。

納得がいく説明…

マスクを持ってくるのを忘れたけど、急な用事でどうしてもバスに乗りたい、ハンカチで口元を抑えるので乗せてください、なんて説明ならOKだったのかと想像してみたり。

今はとにかくマスク必須です。罰金も警察も望む人はいないでしょうから、みんなマスクをして乗車しており、平和と防疫が保たれています。

そして、そんな厳しい法律と素直な国民のおかげで、世界中が自粛生活をしている中、台湾は比較的いつも通りの生活が送れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました