台湾のヘアサロン|近所で560元で髪を切ってみた

台湾の日常・家族

こんにちは、台湾のゆっこです。

先日のマルコス100元ヘアカットに引き続き、私も100元で…

とはさすがに試す気になれないので、近所のヘアサロンを外観からチェックして、一軒だけ良さげな店があったので先週末に行ってきました!

選抜のポイントは
・店員さんの年齢や雰囲気
・店の小ぎれいさ
です。

通訳兼BG(ボディーガード)として、マルコスも一緒に行くというので、お散歩がてら朝10時の予約に間に合うように向かいます。

8ヵ月に入りお腹も貫禄がでてきているので、今くらいがヘアサロンにいく限界。ちょうどよきタイミングです。

もともとショートボブくらいの長さが手入れもしやすくて好きで、キャラにも合っているので、肩以上に延びた髪をバッサリ切ることに。

イメージ写真も忘れずに準備↓↓↓



徒歩10分くらいのサロンに到着すると、担当の30代前半くらいの女性デザイナーにとりあえず写真を見せます。

そして、付き添いのマルコスは髪を切るわけでもないのに隣のシートに案内されて、ちゃっかりとゆったりモード。こういうところ、カジュアル台湾らしさ全開です。

ここからマルコスは通訳兼BGに加えて、カメラマンという役割も担うことになります。

ああ、やっとこのうっとうしい髪の毛とおさらばできます!



まずは洗髪。色々な種類があってバージョンアップができるそうですが、電話で聞いた通りの”洗髪込みヘアカット560元”がどんなものか体験したいので、ベースプランのままお願いしました。

髪を洗ってくれたのは、高校生にも見える若い男性でした。

思っていたよりもゆっくり丁寧に洗ってくれて、ヘッドマッサージも十分な時間をかけてくれました。

台湾のヘアサロンの椅子は、背もたれが倒れるタイプではなくて、初めからフラットになっているタイプが多いので、自力で横になり、自力で起き上がらねばなりません

これが妊娠8ヵ月も後半の私にはちょいと大変でした。(BGマルコスを呼べばよかった…)

さて、20分くらいで洗髪が終了!



いよいよヘアカットです。

担当デザイナーが、イメージ写真のモデルと私の髪の色、質の違い、しばらく髪を切れないことを考慮してアレンジを提案してくれたので、長さは写真くらいであとはお任せすることにしました。

徐々に短くなっていく髪の毛。



ゆっくりと凄く丁寧に切ってくれるデザイナーさん。



たまにマルコスを通して説明をされたり、要望を聞かれたりしつつ、とても丁寧に対応していただきました。



そして、入店から約2時間後、完成しました!



あーーー、サッパリ!スッキリ!

気持ちいい!!!

スポンサーリンク

率直な私の感想は、思っていたよりもずっと腕がいいということ。

私は日本では気に入った美容師さんに10年以上ずっと切ってもらっていました。

台湾に引っ越してからは、マルコスの従兄が働いている美容室の店長さんがお気に入りだったのですが、店長が花蓮の地元に帰ってしまってからは、気に入った美容師さんに出会えていませんでした。

基隆のこの小さな町で、まさか自宅から徒歩10分という距離で、気に入った美容師さんに出会えるとは!

今回はカラーもヘアスタイリング剤も念のため不使用でお願いしましたが、夜王boyが産まれたらもう少し髪で遊びたいところ。

あの美容師さんなら任せられるから、どうかどこにも行かないで!

ということで”560元で近所でヘアカット”は、大満足という結果に終わりました。

そうそう、ひとつだけ難点をあげるとすれば、ケープが通気性ゼロ仕様で、時間が経つにつれて身体が蒸されること。

ま、価格を考えたら許容範囲ですね。

マルコスも100元で「ザ・台湾男子」に変身するのは一度限りにして、次回からはこの美容室で切ってもらったら「脱・台湾男子」できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました