台湾の味噌を初めて買ってみる、その味は?

台湾の日常・家族
スポンサーリンク

こんにちは、台湾のゆっこです。

コロナのせいで日本に帰れない日々が続いており、
ついに味噌の在庫がなくなりました。

コロナが暴れだすなんて想像もしていなかった2019年、
たくさんの友人が台湾に遊びに来てくれて、
買い物やお土産は何がいいか聞いてくれるので、
その都度、大抵は日本の調味料をお願いしていました。

当時も大変ありがたかったのですが、
こういう事態になって尚、
感謝の気持ちが湧いてきます。

定番のお買い物は、牡蠣醤油とポン酢と味噌。

ああ、牡蠣醤油ももうなくなる。。。

たまに、空港で赤福なんぞを買ってきてくれる
友人もいて、わりと日本の味が身近だったのですが
コロナのせいで…

恋しい日本の食べ物たちよ~。

恋しい日本の友人たちよ~。(とってつけてみました)

ということで、仕方がないので
近所のウェルカムで味噌を物色。


なんと、500gの小さいサイズしかない!

信州とか書いてあるけど、日本製でもない。

うーん、いまいちなのでこの日はスルー。

さて、別日にカルフールに買い物に行ったついでに
ふたたび味噌を物色。


大きいサイズがありました!!

さすが大きいスーパーは違いますね。

小さい味噌の値段を比べたら
カルフールの方が安かったです。

ゆっこ
ゆっこ

仏カルフールが台湾のスーパーチェーン「ウェルカム」を買収したので、来年にはウェルカムが全てカルフールに変わります


台湾では牛乳や豆乳は大きいサイズが
幅を利かせていますが、
味噌の消費量は少ないせいか、
小さいサイズが主流のようです。


味噌汁飲みたいし、台湾製の大きいサイズの味噌を
買って帰りました。

私は田舎味噌みたいな粒粒が残った味噌が
好みなので、「粗」と書いてある方をチョイス。


「無添加」とか「遺伝子組み換えでない」とか
書いてあるので、安心して食べられそうです。


ああ、やっぱり…
気持ちよくはがれるシールで作ってくれまいか…


少しイラっとしながら紙のふたに指をつっこみ、
破って全て剥がしました。

日本のと同様、味噌の上にペロンと紙が
置かれていました。
日本のあわせ味噌よりも白っぽい色をしています。


味噌を溶かしてみると、硬くはないけど
粘り気がある感じで、少々溶けにくい。

今夜は、ジャガイモとエノキの味噌汁にしました。


味噌は少し甘めでしたが、悪くはなかったです。

日本の味噌の方が好きですが、これはこれでありかと。

友人にもらった出汁パックを使っているので
出汁の香りもして、それなりに美味しく頂けました。

台湾で超絶美味しい味噌を作って
健康食品として売り出したら、
売れるかもしれない。

いや、リサーチ不足で既にどこかにあるのかな?

ということで、コロナさん、
もう宇宙へ引っ越してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました