最近ハマっている人|キンコン西野さんはただの絵がうまい芸人じゃない

箸休め

こんにちは、台湾のゆっこです。

皆さんは、YouTubeでお気に入り登録しているチャンネルを
毎日観たり聴いたりする習慣はありますか?

私は2019年10月、嵐がYouTubeチャンネルを開設したときに
初めて意識的にチャンネル登録をしました。

誤って押したであろうチャンネルが数個登録されていて
それさえ気づかないほどの疎さがありました。

完全に時代に乗り遅れた人間でした。

今年の正月に、大学時代の友人と飲んでいるときに

「今の時代はYouTubeだ、ねーさん、YouTuberになりなよ」
(同級生にねーさんと呼ばれています)

と言われたときも、”何それ怪しい”と思っているくらいでした。

そして、ごくごく最近になって、YouTubeで色々と学べるということに気づき
エンタメというよりも、学習ツールとしてYouTubeを毎日聴いています。

見るのではなくて、聴いています

 ウォーキングをしながら聴く
 掃除をしながら聴く
 アイロンをかけながら聴く
 シャワーを浴びながら聴く
 夕飯を作りながら聴く

耳からの学習は、非常に効率がいいことに気づき
本当に毎日、手を動かしながら聴いています。

そして、最近、ハマって聴いているのが、
お笑い芸人であり、絵本作家であり、
日本最大のオンラインサロンの運営者でもある、
キングコング西野さんのラジオです。

インターネットラジオ「Voicy」で放送された10分ほどのラジオ番組を
YouTubeでも時間差でアップしているチャンネルです。

キンコン西野が本当に許せないこと-西野亮廣



なぜ、西野さんのチャンネルにたどり着いたかは覚えていませんが
試しに聴いてみると、彼の考え方にいちいち納得し、共感しました。

私もごくごく小さな世界ですが、人に嫌われようが、悪口を言われようが
ポリシーを持って発言したり行動したりしてきたので、通じるものがありました。

そして、事業家としての鋭い視点、時代に柔軟なビジネスマインド、世の中の変化などを、面白く分かりやすく毎回10分間に収めて語っています。

キレる人だな~という感じです。

失礼ながら、つい最近まで、西野さんは絵本作家に転向したお笑い芸人、という認識しかありませんでした。

しかし、今となっては、なぜもっと早く見つけなかったのかと、己を責めたい気分になるくらい凄い人物です。

会社に勤めている方は、職種、立場に関わらず沢山の学びがあると思います。

自営業の方は、事業を拡大するヒントが得られます。

主婦の方は、彼のアイデアや話に刺激を受け、子育てや家族との向き合い方、
人によっては起業を考えるきっかけになるのではと思います。

学生の方は、現代の多種多様な働き方や世界の動きを知るきっかけになり
夢に向かって努力を始められます。



とにかく、ここで皆さんにお勧めしたくなるほど内容がいいんです。

だまされたと思って、まずは西野さんのYouTubeを聴いてみてください。

響く人が少なからずいると思います。

西野さんの戦略に、「人の時間を使って広告させる」というのがありますが、
私はまんまと彼の戦略にハマっていますね。

昨日今日は、西野さんが3年前に出版した本「革命のファンファーレ」を読んでいました。


台湾に住んでいても、日本の本が手軽に瞬時に手に入る時代でよかったです。

Kindleのメモ機能「マイノート」にメモがいくつも残りました。

付箋を貼ったり、ペンを用意する必要がなくて、
メモも一覧で読める電子ブックはかなり便利です。
(紙の本より安いし)

ちなみに、バカ売れした西野さんの絵本『えんとつ町のプペル』は、
インターネット上で全ページ無料で公開されています。

なぜ無料で公開したのかについても、ラジオや本で語られています。



本は”未来の自分への投資”みたいなものなので、どんどん読むようにしています。

毎日、安定的な灼熱台湾。

引きこもって読書や耳学習にもってこい!

ということで、引き続き耳からと目からの学習に精を出すとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました