【更新、暫定1位発見!】台湾の味噌レビュー

台湾レシピ

こんにちは、台湾のゆっこです。

日本で買った味噌が底をつき、最近は台湾の味噌を順番に試しています。

味が色々と違うので、記録がてらブログに残していこうと思います。

遺伝組み換えでない大豆が原料、かつ、なるべく余計な添加物が入っていない味噌を選んで買っています。

ご新規味噌を買ったら情報を追加していきます!

スポンサーリンク

台湾スーパーの味噌コーナー

台湾でも、大抵のスーパーに味噌コーナーがあります。

何でも大きいサイズが多い台湾には珍しく、500gの小ぶりのサイズが主流。
そして、日本産ぽい名前がついていますが台湾産がほとんどです。

とある「カルフール」の味噌コーナー



とある「wellcome」の味噌コーナー



日本のスーパーだと、味噌は冷蔵コーナーじゃない棚にも並んでいると思いますが、台湾では冷蔵コーナーに置いてあります。


スポンサーリンク

台湾の味噌レビュー

非基改大豆味噌(粗)/味榮(甘め)

初めて台湾で買った味噌です。
カルフールで大きめサイズ(1kg)で無添加の中から選びました。



台湾あるあるのひとつ、シール状のふたがどうやってもキレイにはがれない。



【味噌の特徴】
・やや甘め
・粘り気があり溶けにくい
(日本の味噌とは違う質感)

甘めの味噌汁が好きな人にはありだと思います。

金石味噌/十全(あっさり)



シールがきれいに剥がれます。
大豆がゴロゴロと残っているタイプ。



私はこの食感も好きなので、大豆のゴロゴロごと味噌汁に入れます。



【味噌の特徴】
・あっさりしていて、少し味気ないくらい
・質感は日本の味噌と同じ(普通に溶ける)

カボチャ、油揚げ、厚揚げ、キノコ類など、味が濃かったり油分がある具材向き。

粗粒味噌/十全(田舎味噌風)



シールがきれいに剥がれます。
(特徴として紹介したくなるくらい、嬉しいポイント)



大豆がゴロゴロと入っているタイプ。



【味噌の特徴】
・日本の田舎味噌っぽい
・日本の味噌と風味が似ているので使いやすい
・質感も日本の味噌と同じ(普通に溶ける)


具材を選ばずにオールマイティーに使える味噌。

無添加味噌/菊鶴(日本の味噌に近い)



これもシールがきれいに剥がれます。
台湾の味噌メーカーのパッケージは比較的レベル高そう。



大豆の粒が入っていない、滑らかなタイプ。



【味噌の特徴】
・味も質感も日本の味噌に近い

味噌汁にももちろん、滑らかなので、煮込みにも使いやすそう。

札幌味噌(粗粒)/菊鶴(★★★暫定1位)



スーパーではなく、調味料が売っている商店で、常温で売られていました。
500g、70元

シールはキレイに剥がれます。



大豆のつぶつぶがゴロゴロと入っているタイプ



【味噌の特徴】
・同じ菊鶴の「無添加味噌」に比べて、コクがあり、より日本の味噌に近い

コメント

タイトルとURLをコピーしました