夫マルコスにラマーズ法を教わる

台湾で出産・子育て(43歳初産婦)

こんにちは、台湾のゆっこです。

基隆は夏から急に冬模様になり、もう4、5日雨が降り続いています。

そう、基隆の冬といえば

昨日まで暑くて冷房つけていたのに、今日は急に涼しくなったなと思った日からそのまま冬空に突入し一週間。

たまに降りやむ瞬間はあるものの、文字通り毎日雨です。

秋の気配ゼロ~。

秋の風情もへったくれもないですな。

スポンサーリンク

さて、出産を間近に控えて真面目に取り組みだしたスクワット。
回数を少しずつ増やして、今は1日15回×3セットやっています。

午前中1セット、午後2セットを適当なタイミングでやっています。

膝に支障がこないように、少しずつ身体を慣らしていかねばならぬ年齢なのを痛感しております。

その甲斐あってか、夜王boyの位置が少し下がってきました。

今日は久々にあったおばさんに、「もう直ぐだね、赤ちゃん下がってきてる」と言われて、他人が見てもそうなんだな~と、出産いよいよ感が高まっています。



夜王が下がってきていると家族で話をしているわりに、そういえば出産時の呼吸法の予習をすっかり忘れていたワタクシ。

助産師さんや声の大きいドクターが何言ってるか分からないだろうから予習必須!しっかりしろ!わたし!

そこで登場、できる夫マルコスです!

マルコスは普段から私よりも一歩先の情報を仕入れてくれることが多い気の利く男なのですが、今回も出産時の呼吸法について調べて、陣痛の段階(子宮口の開き)ごとに呼吸法をまとめたメモを作ってくれました。

そして、メモを見ながら段階ごとに一緒に練習をしました。

出産も最終段階、子宮口が全開大の10cmになったときの体勢やいきむときの呼吸も実践つきで教えてくれたのですが、見ていて笑えてきてしまいました。

床に座って、
脚を伸ばして開き気味にして、
おへそを見ながらいきむ、
息を吐いてゆるめる、

というレクチャーをするマルコス先生。

そんな一連の動作を見ていると、マルコスがママに見えてきます。

もう、YOU産んじゃいなよ!



そんなマルコスのおかげで出産時の予習をする気になり、翌日呼吸法を調べていたら、「ソフロロジー」というリラックスする呼吸法をみつけました。

ラマーズ法よりも新しい呼吸法で、ラマーズ法ほど複雑ではなく、リラックスしてあまりいきまないで出産するというものです。

なんとなく、そちらの方が私に合っていそうなのでソフロロジーを取り入れることにしました。

マルコスがせっかく教えてくれたのに、1日で覆してすまぬ。

でも、そんなときも笑顔でOKというマルコスなのです。

今度は私がマルコスにレクチャーして、当日一緒にやってもらおうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました