【台湾ニュース】基隆港に「緊急検疫センター」設置、1700名以上に検査

台湾ニュース

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾では本日、イタリア旅行から帰ってきた20代の男性に新型コロナウィルスの感染が新たに確認されました。17症例目です。

香港経由で帰国したとのことですが、そもそもイタリア旅行中に咳をしていたことから、検査が行われウィルスの発見に至ったようです。

既に症状は回復に向かっているそうで、良かったです。

さて、本日(2/8)は私が住んでいる基隆市の港に、1700名以上の乗客を乗せた大型クルーズ船「スーパースターアクエリアス」が帰港しました。

この船は2/4に基隆を出港し、2/5~6は那覇に停泊、そして本日2/8に基隆に戻ってくるとのこと。基隆に住んでいる身としては、一度は乗ってみたい大型客船です。

しかし、今の状況ではそんなにのんきなことは言ってられません。

台湾は2/6に国際船の受け入れ全面禁止を発表しましたが、それ以降初めての国際船ということで、港の倉庫に「緊急検疫センター」を作りました。

25名の医療スタッフが派遣されて、迅速に検査が行われるようです。

台湾は以前SARSでひどい目にあったため、今回の新型コロナウィルスに対しての対応が慎重かつ非常に素早いです。

乗客のうち1709名は台湾人、29名は外国人(うち1名中国人)なので、ほとんどが台湾人です。しかし、検査で乗客と乗務員全員が陰性と分かるまでは家には帰れません。

全員の検査結果が出るまでに6~8時間かかるそうで、少なくとも夜7時くらいまでは船の中にいるしかありません。

そして、もし1人でも陽性となった場合、全員が14日間船ごと隔離されます。

今頃、検査が進んでいると思われます。陽性が出ないことを祈っています。

【2/9 追記】検査の結果、全員陰性でした↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました