ついに身内でワクチン接種者現る!その後の症状は?

台湾ニュース

こんにちは、台湾のゆっこです。

今朝のニュースでは、日本から3度目のワクチン提供を受けて、陳時中センター長が桃園空港にワクチンのお出迎えをしに行く姿が流れていました。

そして、圓山ホテルでは感謝のライティング。
台♡日

華視新聞より



台南市からは感謝のマンゴー50箱が日本へ送られ、
(どうやって配られるのだろうか)

台湾フォーカスより



夫マルコスからは「ありがとう」の言葉が私に送られました。

ゆっこ
ゆっこ

私?あ、どういたしまして…



さて、台湾のワクチン接種率は約18.5%に達しました。(目標は60%)

私が住む基隆市では、本日7/16までの3日間は、65~67歳の高齢者を対象にワクチン接種が行われています。

そして、昨日はマルコス母がワクチンを打ちに行ってきました。

自宅にワクチン接種の通知書が届いたのが週の頭くらい。
少し前まではワクチンを打ちたくなさそうにしていたマルコス母でしたが、打つことにしたのですね。

今まではワクチンの種類がAZ(アストラゼネカ)だけだったのですが、今はモデルナとの2択であること(すみません勘違いしていました)選択はできないけどモデルナが指定されていたこと、私が妊婦であること、周囲にもワクチン接種者が増えてきて大丈夫そうなこと、など前とは状況が違うので、考えが変わったのでしょう。

打ち終わった直後は、注射をした部分がジンジンすると言っていました。
夜には身体が疲れた感覚がすると言っていました。

明けて翌日(今朝)、同じように幹部が少しジンジンするそうですが、他には特に気になる症状もなく、いつも通りに動いていました。

【追記】翌々日は、こんどは幹部が痒いと言っていました。総じて、ワクチンを打った部位だけの症状で、他には特に気になる症状は出ませんでした

スポンサーリンク



実は、マルコス母がワクチン接種する前日は、義理伯母「大阿姨だーあーいー」がワクチン接種をしています。

そして、接種後すぐにマルコス母に電話があり、ワクチン打ったから我が家に泊まりに来たいと言っていたそうです。

そんな申し出をマルコス母は屋内に5人以上集まることになるからと、断ったそうです。

Good job!!!

ワクチン接種しても即効性はなくて、効き目が表れるには時間がかかります。

コロナの感染拡大してから、自宅に引きこもっていた大阿姨が感染しているとも思っていませんが、もしものことがあったらお互い嫌な思いをしますからね。

それに、夜王(お腹の中の我が子のニックネーム)がいるので、私の身体の抵抗力も弱くなっています。マルコス母もそれを心配しているのです。

だから、ごめんね、大阿姨。



妊娠してから、Twitterなどで台湾の子育て中の人とか、妊婦さんの投稿を読んでいると、そんな配慮をしてくれない義理家族、そして台湾人夫の愚痴をこぼしている日本人妻をチラホラと見かけます。

マルコスもマルコス母や姉はそんなモンスターっ気は全くないどころか、沢山サポートしてくれます。

そんな恵まれた環境に、改めて感謝です。

それにしても、大阿姨は毎度毎度、話題を振りまいてくれますね~。

コメント

  1. メイフェ より:

    優しいご家族にまたもやジン・・・。
    夜王ちゃん、すでにもうみんなに愛されていますね♡
    もちろんゆっこさんも大事にされていて嬉しい。

    マルコス母さんも大阿姨さんもワクチンの副反応が強くなくてよかったです。
    うちの母が副反応がひどかったので、やっぱりワクチンを打ったと聞くと心配です。

    今日は感染者1桁だったし・・・
    感染者がこのまま減ってみんなで安心したいですね。

    • 台湾のゆっこ より:

      メイフェさん

      夜王は生まれたら暫くはアイドル?マスコット?的な存在になりそうです。
      むしろ、甘やかされ過ぎないように気をつけないといけませんね。
      とかいって、私が甘やかしたりするのかな…(笑)

      メイフェさんのお母様、副反応が酷かったんですね。
      何日か体調不良だったんですか?
      アレルギー体質だったりするのでしょうか。
      今はもう回復されているんですよね。
      でも、その分効き目がきちんとありますように!!!

      感染者、だいぶ減りましたね。
      マルコスは相変わらず徹底的に消毒しまくっています。
      きみ、心は大丈夫かい?っていうくらいに(笑)

タイトルとURLをコピーしました