台湾とは異なる日本のレジでのお作法

箸休め

こんにちは、台湾のゆっこです。

台湾入国時の隔離が7+7から3+4に短縮されますね。

これは嬉しいニュースです。

航空券を予約した3月の時点では、隔離が10日間でしたから、結構なスピードで隔離期間が短縮されて行ってます。

私が台湾に帰るころには、隔離ゼロになっている可能性もあるのでは!と期待が高まっています。

スポンサーリンク



さて、2年半ぶりに日本に帰ってきて、台湾と違って戸惑ったのが、お店でのお会計です。

なるべく現金を使わずに支払いを済ませたいので、クレジットカードで支払いをするのですが、台湾ではクレジットカードを使うと伝えてカードを出せば、あとは店員さんが処理をしてくれます

しかし、日本では今まで支払いをしたどんなお店でも、自分でカードを読み取り機に挿入し、処理が終わったら自分で抜きます

帰国して真っ先に行ったトイザらスで、「カードで」とクレジットカードをレジのトレイに出してボーっと待っていたら、こちらにと促されて、カードを読み取り機に挿入しました。

二回目、日本で買えばいいやと持ってこなかった太郎のものを買った薬局でも、同じく、カードを出してボー。

三回目、実家近くにオープンした、リサイクル用品店でも、カードをトレイに置いてボー。

そして、四回目、また別の薬局で太郎の虫よけ用品を買ったときに、ようやく、店員さんに言われなくとも、自らカードを挿入できるようになりました!

パチパチパチ



と、日本のレジでのお作法に慣れたと調子にのっていたのですが、ここでまた新たなお会計スタイルに出会います。

ほほぉ~そうきたか!

太郎が暴れだしたので、その話はまた明日。

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました