【台湾あるある】暗闇にたたずむ黒い生き物

台湾の日常・家族

こんにちは、台湾のゆっこです。

週末に、マルコスと基隆うぉ~くをした帰り道の話です。

20時近くに最寄り駅に着いたときには、雨がしとしとと降りだしていました。

今日も楽しかったねと、他愛もない話をしながら、基隆河沿いに差し掛かりました。

この河沿いを抜けたら、もうすぐ家だという油断が走ったその時です。

急に黒いものが視界に入りました。





そこそこ大きい黒い犬が、雨に打たれながら石塀の上に佇んでいました。





成人男性の上半身くらいのボリュームがある大きな体と、哀愁漂うつぶらな瞳




スポンサーリンク


首輪をしているから、たぶん飼い主がいる犬だと思います。

台湾では、飼い犬もかなり自由に行動しているので、こんな風に急に大きめの犬に遭遇することが日常的です。

特に、我が家の近所には黒い大きめの犬が多くて、夜、脇からヌッと現れると、かなりビックリします。

たまに口輪をされて自由に歩いている犬を見ると、自由なのか不自由なのか、複雑な気持ちになりますが、ふらふらしている犬たちは、大抵とても大人しく、道路も上手に渡ります。

場所によっては、茶色っぽい犬が多かったりするので、犬種に地域性があるのかもしれません。




君は、一体なぜ、
今、ここで、
雨に打たれているんだい?




寂しそうな彼に後ろ髪を引かれつつ、どうか優しい飼い主でありますようにと願いながら、帰路に着いたのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました