台湾⇔日本の手紙は1~2週間で届きます

台湾ニュース

こんにちは、台湾のゆっこです。

今日は、日本の友人からお手紙が届きました。

手書きの文字を読むことが減っている近年、とても嬉しく温かい気持ちになりました。

変わった切手が貼ってあります。



手紙と一緒に、こんなメモが入っていました。


今日は7月23日です。

愛知県から基隆市まで、約1週間で届きました!

切手代は90円

そして、変わったデザインの切手は「日本橋のお祭り」ということで、謎はすぐに解けました。

手紙に書いてありましたが、彼女の住む街の郵便局では、国際郵便はかなりレアなことらしく、

「宛先の書き方は…」

「コロナで飛行機が飛んでないかも」

「切手は90円??」

と、担当の方はかなり戸惑っていたそうです。

最近では、わざわざエアーメールを書く人はあまり居ないだろうから、当然といえば当然かもしれません。

子供のころは、友達と交換日記とか、手紙を出し合ったりとかしていたけど、時代はあっという間に変わっていきますね。

実は、このお便りは、私から出したハガキへの返信でした。

台北でそのハガキを見たときに、これは彼女にどうしても送らねば!という衝動が走ったんですよね。

ハガキを買ったのは台北ですが、送ったのは高雄旅行中でした。

ん~、なんとも言えない!!!
このデザイナーさん、好きです。
(旅行中だったこともあり、マルコスが写真に撮ってくれていました)



高雄から6/28に出して、7/10に友達に届きました。

高雄から愛知県までは、約2週間で届きます

切手代は16元でした。

私が送ったのはネタ的なハガキ1枚。

しかも宛先と送り主の住所や名前を書いたら、ほんの少ししかメッセージを書く場所がなかったのですが、

そんなふざけたハガキに、友人はきれいな文字で、小さめの素敵なデザインの便せん2枚に、びっしりと丁寧にメッセージを書いてくれていました。

こんな交流もたまにはいいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました