台湾ロスの方に【朗報】|時代はZoom!九份・十分のオンラインツアーできます

お知らせ

こんにちは、台湾のゆっこです。

私が最初にKKdayを知ったのは、台湾新幹線のチケットが外国人なら20%オフで買えることを紹介していた、台湾通のどなたかのブログです。

2014年に創設した比較的新しい会社なのですが、世界中の現地ツアーを商品に持っていたり、現地のお土産をオンライン販売していたりします。

たまにホームページをチェックしているのですが、台湾ロスの日本の方たち向けに、Zoomを使った九份と十分のオンラインツアーが始まっていました。

九份は夜がキレイなので夕方から夜にかけて、十分は昼間のツアーになっていました。

両ツアーとも、ガイドさんが現地グルメや観光スポットを紹介したり、参加者が直接質問ができたり、ライブの映像を見ながらのオンライン旅行という、なかなか画期的な企画です。

おうちで台湾|夜の九份観光・オンラインツアー
毎週日曜、17:50~約1時間半のツアー、参加費2,646円

おうちで台湾|平渓線&十分観光・オンラインツアー
毎週土曜、11:50~約2時間のツアー、参加費3,1606円



大きなテレビにPCの画面をつなげて、友達と一緒に参加するのも楽しそう。
台湾のお菓子やお茶を準備しておいたら、臨場感もあがります♪

逆に、オンラインだと1人でも参加しやすいというメリットもありますね。

オンラインツアーの予約は、今のところ2020年12月いっぱいまでです。



他には、東京や横浜で台湾料理や文化を楽しむツアーもありました。
日本で台湾気分!|東京日帰りツアー
日本で台湾気分!|横浜で台湾グルメ満喫日帰りツアー

私は横浜出身なので、横浜の台湾ツアーが気になります。日本で売られている台湾料理がどのくらい台湾なのか、次に帰国できるときに食べてみたいと思っています。



ちなみに、私の第二の故郷「名古屋」で有名なのが、台湾ラーメンの「味仙」です。

名古屋近辺の方は、食べたことがある方も多いですよね。翌日が危険なあの激辛ラーメン。。。

台湾料理を知らない人は、味仙の激辛ラーメンが「台湾ラーメン」だとインプットされてしまいますが、あれは完全に味仙オリジナルの激辛ラーメンです。

念のため、お伝えします。

台湾にあのような食べ物はございません~。

台湾人のマルコスにも食べてもらったことがあります。辛い!辛い!と言いながら、美味しそうに食べていました。激辛ですが、クセになる美味しさがあるんですよね。



KKdayは今回紹介したツアーだけでなく、士林夜市オンラインツアー、台湾フードや台湾製マスクの輸入なんかもあります。

興味のある方は、お時間のあるときにKKdayのホームページをのぞいて色々と探してみてくださいね。

コメント

  1. メイフェ より:

    ゆっこさん♡
    前の微妙ボリのお店のこと。見捨てるって・・・可笑しい。笑。
    強力なブロガーを敵に回しちゃいましたね・・・もったいない。

    KKdayさん。私もよく利用しています。
    お友だちが来た時にツアーも何度も利用しました。
    効率良く回れるし、その割にリーズナブルなものが多くていいですね♪
    私もいつか台湾を離れたらロスになるんだろうな~って
    まして行きたくても行けないになったらZoomでもいいから
    行きたいなって思うでしょうね。いい企画ですね♪

    私、この味仙、ずっと気になっているんです~!!!
    そんなに激辛なんですか!
    マルコスさんもゆっこさんがクセになる美味しさというのなら
    絶対ですね!ますます興味津々です。

    • 台湾のゆっこ より:

      メイフェさん

      いえいえ、私はまだまだ弱小ブロガーだから、
      きっとあの牛肉麺店にとっては屁でもないですよ(笑)

      味仙は、なぜか飲み会の2次会で連れていかれることが何度もあって
      飲んだあとに食べる激辛台湾ラーメンという思い出があります。

      私は喉が弱いので、必ず初めのうちは喉が慣れるまで
      咳込みながら食べるという通過儀礼が。。。
      でも、本当にクセになるんですよね。

      今は名古屋駅の西口にできた「うまいもん通り」内の味仙が
      一番アクセスがいいと思います。(22時に閉まっちゃいます)
      私のオススメは、柳橋店とか矢場店、今池店などの古い店舗です。
      店の雰囲気が、いい感じの古さと大衆っぽさで、味仙ぽさを感じます。

      裏メニューとして、アメリカン(辛さ控えめ)、イタリアン(激辛)、
      アフリカン(激激辛!)というのがありますよ~。

      「味仙」に興奮して長々と失礼しました。
      機会があったら、ぜひ食べてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました